クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

SPG アメックスカードのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
American Express
初年度年会費
31,000円
翌年以降年会費
31,000円

SPG アメックスカード(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)のメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:SPG アメックスカードが優れている7つのメリット

特典1:「ゴールドエリート」が無料


SPG(スターウッド プリファード ゲスト)とは、世界100か国、1,300軒を超えて展開するホテル&リゾートです。

シェラトン、ウェスティン、セントレジス、ラグジュアリーコレクション、Wホテル、ルメリディアン、エレメントホテル、アロフトホテルなど

ゴールドエリートとは、年間25泊以上の宿泊を達成した場合に付与される会員のみに与えられるSPG/マリオット リワード共通のエリート特典です。

SPG アメックスカードなら、そのゴールドエリート資格が無料で付帯しています。

ゴールドエリートは、以下の特典を受けられます。

・獲得ポイント25%アップ
・チェックアウト時間の延長(14:00まで)
・部屋のアップグレード
・無料の高速客室内インターネットアクセス
・ゴールドウェルカムギフト(250~500ポイント)

さらに、カードの利用を継続するとSPGおよびマリオット リワードより5宿泊分の宿泊実績がプレゼントされます。これにより、さらに上のプラチナエリートが取得しやすくなります。

特典2:毎年、無料宿泊特典がもらえる!SPGの特典がすごい!


カードの利用を継続するとSPGおよびマリオット リワード参加ホテルで、一泊一室(2名まで)宿泊できる無料宿泊特典がもえらえます(交換レート1泊50,000ポイントまで)。

シェラトン、ウェスティンに無料で宿泊できるので、これだけで年会費の元がとれるほどお得です。

しかも、祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室があれば、無料宿泊特典を利用できます。

日本国内でも、ディズニーランドに近い「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や京都の「ウェスティン都ホテル京都」、大阪の「ウェスティンホテル大阪」、沖縄の「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」など、20軒を超えるホテルがあるので、年に一度の贅沢ができます。

レストランや宿泊が安い


日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストラン、バーでの飲食代が15%OFFになります。

特典3:普段の買い物でポイントが貯まる

ポイント還元率 1%
貯まるポイント ポイント

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、SPG アメックスカードが使えるお店なら、ポイントが100円につき3ポイント貯まります。

SPGおよびマリオットリワード参加ホテルでの利用

ゴールドエリートにより、SPGおよびマリオット リワード参加ホテルでの対象となる支払いで、1米ドルにつき12.5ポイント(通常会員の25%ボーナス)が貯まります。

期間限定でキャンペーンが開催されていることもあり、さらにポイントが貯まることもあります。

特典4:マイルへの交換も可能!多彩なポイントの使い方

貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。

・SPGおよびマリオット リワード参加ホテルで使える無料宿泊特典
・提携航空会社のマイルに交換
など

ポイントを現金と組み合わせて、無料宿泊特典に交換することもできます。無料宿泊に必要なポイント数は、ホテルによって異なります。詳しくはSPG・マリオット公式サイトをご覧ください。

例えば、東京ディズニーリゾートと近くのシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに泊まって家族を驚かせたり、京都のウェスティン都ホテル京都で夫婦でゆっくり過ごしたり最高の思い出を作れます。

ポイントを様々な航空会社のマイルに交換できる

航空会社
貯めたポイントを、以下の航空会社のマイルに交換できます。

・ANA 「ANAマイレージクラブ」
・JAL 「マイレージバンク」
・エーゲ航空
・アエロメヒコ航空クラブプレミア
・アエロプラン/エアカナダ航空
・中国国際航空コンパニオン
・ニュージーランド航空エアポインツ
・アラスカ航空マイレージプラン
・アリタリア航空ミッレミリア
・アメリカン航空AAdvantage
・アジア・マイル
・アシアナ航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブクラブ
・中国東方航空
・デルタ航空スカイマイル
・エミレーツ・スカイワーズ
・エティハド航空
・フライング・ブルー
・ゴル航空スマイルズ
・海南航空
・ハワイアン航空
・イベリアプラス
・ジェットエアウェイズ
・大韓航空
・ラタム航空ラタムパス
・アヴィアンカ航空のLifeMiles(ライフマイル)
・マイルズ&モア
・カタール航空
・サウジアラビア航空
・シンガポール航空クリスフライヤー
・タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス
・トップボーナスロイヤルティー
・ユナイテッド航空マイレージプラス
・ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ
・ヴァージンオーストラリア
※内容は変更になる可能性がございます。

ポイントをマイルに交換できるクレジットカードは他にもあります。しかし、ANAのマイルだけ、JALのマイルだけなど、限られた航空会社にしか交換できません。

SPG アメックスカードは、世界中の航空会社のマイルに交換できるので、幅が広がります(※交換できる航空会社は、変更になる可能性もあります)。

しかも、ほとんどの航空会社で3ポイントにつき1マイルで交換できます。

マイルへの交換でもらえるボーナスポイント

ANA
1回の手続きで60,000ポイント毎に、15,000ボーナスポイントが付き、その合計がマイルに移行されます。

つまり、通常60,000ポイントでは20,000マイルしかもらえませんが、ボーナスマイルにより25,000マイルがもらえることになります。

そのため、1回に40,000ポイントを交換するよりも、20,000ポイントを2回に分けて交換する方がお得。40,000マイルが、50,000マイル(5,000ポイント×2を加算)に飛躍します。

特典5:国内・海外旅行保険付き

海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯)

国内・海外旅行傷害保険とは、国内または海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯:保有しているだけで適用される保険
利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険

年会費無料のクレジットカードは、旅行保険が付帯していないか、どちらか一方、付帯しても最高で1,000~2,000万円程度です。

SPG アメックスカードは、海外最高1億円(自動付帯、利用付帯)、国内最高5,000万円(利用付帯)と申し分ない額の保険が適用できます。

海外の医療費は高額です。旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。

特典6:空港ラウンジ無料!空港でうけられる多彩なサービス

SPG アメックスカードは、空港で以下のような多彩なサービスがうけられます。

空港ラウンジ無料

飛行機の搭乗券
国内外の空港ラウンジが、無料で利用できます(同伴者1名含む)。

利用方法は、搭乗券とSPG アメックスカードを受付で提示するだけです。

POWER LOUNGE NORTH
上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるPOWER LOUNGE NORTHです。座席数140席もあり、広々としたきれいなラウンジです。

ソフトドリンク
ソフトドリンクは、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、青汁、トマトジュースなどがフリードリンクで飲み放題です。出発保安検査場通過後のエリアにあるので、出発までの間、ゆっくりと過ごせます。

電源コンセント
電源コンセントもあるので、スマホを充電したり、パソコンで仕事をしたりすることもできます。

雑誌や新聞
雑誌や新聞もあり、暇な時間も有意義に過ごせます。

エアポートラウンジ(北)
空港ラウンジは、ラウンジによって特色があります。上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるエアポートラウンジ(北)です。出発保安検査場通過前のエリアにあるので、空港に早く着きすぎた場合でも休憩できます。

パソコン
パソコンができるスペースもあります。

本来は有料の空港ラウンジを無料で使えるので、SPG アメックスカードの特典は素晴らしいです。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してくれます(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

空港クロークサービス

空港内手荷物預かり所にて、お荷物を無料預かり。

無料ポーターサービス

空港の駅改札付近の指定場所やバス停、チェックインカウンターなどで、専任スタッフが荷物を運んでくれます。

その他サービス

その他にも、空港周辺での駐車場料金の割引や空港までのタクシーの割引、対象飲食店で利用できるクーポンなどがもらえます。

・エアポート送迎サービス
・エアポート・ミール
・空港パーキング
・海外携帯電話レンタル割引

特典7:補償が充実。不正利用や盗難でも日本語で対応


SPG アメックスカードなら、海外でのトラブルでも24時間通話料無料で、日本語で対応してくれます。

また、万が一のトラブルでも以下のような補償が充実していて、安心してクレジットカードを利用できます。

キャンセル・プロテクション

海外旅行や宿泊のキャンセル費用の損害を補償。さらに、同行する配偶者の分も併せて補償してくれます。

急な用事や病気などで、行けなくなった場合でも損害を少なくおさえられます。

※補償額は、条件により異なる

オンライン・プロテクション

インターネット上での不正使用による損害を全額補償。

ネット通販での買い物も安心です。

リターン・プロテクション

SPG アメックスカードで購入した商品を購入店が返品を受け付けなければ、購入日から90日以内の商品の購入金額を払い戻し。

※補償額は、条件により異なる

ショッピング・プロテクション

SPG アメックスカードで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償。

※補償額は、条件により異なる

航空便遅延費用補償

航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償。

手荷物の到着遅延や紛失による負担した購入品の費用も補償。

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、SPG アメックスカードには不正プロテクションが付帯しています。

不正使用を探知するシステムを導入し、カードを正常に利用できるようチェックしています。

万が一、不正使用があった場合でも、特別なケースを除き、損害額を補償してくれます。

また、カードを紛失、盗難された場合は、無料で新しいカードを再発行してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

SPG アメックスカードのデメリット

家族カードのメリットが少ない

家族カードの発行には、年会費15,500円がかかります。

ただし、本会員と同じ特典は受けられません。SPGゴールド会員資格も無料宿泊特典もありません。

そのため、年会費を支払うのであれば発行しないか、もしくは家族もSPG アメックスカードの本会員としてカードを発行した方が、満足度は高くなります。

夫婦そろって、SPGゴールド会員資格を得られますし、何より無料宿泊特典が1泊づつもらえるので。

旅行やSPGのホテルを利用しないならメリットが少ない

SPG アメックスカードの最大のメリットは、以下の2つです。

・SPGゴールド会員資格が無料
・SPG系列のホテルの無料宿泊特典

そのため、SPGホテルを利用しないのであれば、あまりメリットはありません。

普段の買い物でもポイントを貯められますが、SPG系列のホテルでの宿泊や航空券への交換がメインになります。

ネット通販や飲食店、ガソリンスタンドで、気軽にポイントを消費したいなら不向きです。

とはいえ、年に一度、ディズニーランドに行くために、無料宿泊特典でシェラトンに宿泊で、年会費の元はとれます。

さらに、アメックスならでは手厚い補償や旅行傷害保険が付帯するので、その辺りでメリットを感じられるかどうが発行する決め手になります。

年会費は31,000円かかりますが、一日当たりで考えると約85円です。それで、アメックスブランドの安心を買えるなら、むしろ安いといえます。

SPG アメックスカードの知っておきたいQ&A

SPGプログラムの変更について

2018年8月より、SPGプログラムが変更になり、SPG アメックスカードの特典も以下のように変更になりました。

変更前 変更後
SPG/マリオット リワード「ゴールドエリート」 SPG/マリオット リワード共通の「ゴールドエリート」
エリート会員資格取得用クレジット特典:2滞在5宿泊分の実績 5宿泊分の実績
無料宿泊特典対象ホテルと利用条件:SPGプログラム参加ホテルカテゴリー1~6 SPG/マリオット リワード参加ホテル交換レート1泊50,000ポイントまで
通常カード利用時の獲得ポイント数:100円=1スターポイント 100円=3ポイント

通常カード利用時の獲得ポイント数が、100円=3ポイントと大幅にアップしたようにみえます。しかし、「1ポイントにつき1マイルに交換」から、「3ポイントにつき1マイルに交換」のように、交換レートも変更になっています。そのため、ポイントの価値は変わりません。

年会費はかかるの?

SPG アメックスカードの年会費は、31,000円です。更新を続ける限り、毎年31,000円がかかります。

無料宿泊特典やゴールドエリートの特典を考えると、年会費は安いです。

年会費別にアメックスカードを比較したい方は、以下ページもご覧ください。

ETCカードは発行できる?年会費は?

ETCカードの発行には、新規発行手数料が850円(税抜き)かかります。

しかし、年会費は無料です。

また、ETCマイレージサービスに登録すれば、ポイントを貯めることもできます。

貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

SPG アメックスカードで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。QUICPay加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、ポイントが貯まります。ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。

他のアメックスのカードとの違いを教えて?

アメックスカードには、SPG アメックスカード以外にも種類があります。

他のアメックスカードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。

国際ブランドは何を選べばいいの?

SPG アメックスカードは、American Expressのみです。

VISA、JCB、MasterCardといった国際ブランドは選べません。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

SPG アメックスカードの申し込みは20歳以上、定職がある方が対象です。主婦、学生、パート、アルバイトの方は、申し込みできません。

なお、発行には審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

SPG アメックスカードはこんな人におすすめ

・シェラトン、ウェスティンなどのSPG/マリオット系列ホテルをよく利用する
・年に1回SPG/マリオット系列ホテルを無料で宿泊したい
・旅行によく行くので旅行傷害保険や補償、空港でのサービスを充実させたい


シェラトン、ウェスティンに年に1度無料で宿泊。家族と贅沢な時間を過ごせます。


ゴールドエリートが無料で付帯。ポイントが貯まれば、出張や家族旅行での宿泊費を安くおさえられます。


傷害旅行保険や補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。

SPG アメックスカードは、年会費以上の価値があるクレジットカードです。

公開日:2018年1月5日