クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

【2018年】楽天カードのキャンペーンと注意点

選べる国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
初年度年会費
無料
翌年以降年会費
無料

楽天カードのお得な作り方やキャンペーン情報を紹介します。

楽天カードの申し込みは公式サイトから!


楽天カードを申し込むなら、楽天カードの公式サイトからWeb申し込みしましょう。スマホ、タブレット、パソコンから申し込めます。

公式サイトでは、楽天ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていることがあります。

なお、キャンペーン期間中によって、もらえるポイントは異なります。

過去のキャンペーンでは、以下のようなポイントがもらえました。

過去のキャンペーン例
最大5,000ポイント プレゼント
最大7,000ポイント プレゼント
最大8,000ポイント プレゼント


私は、5,000ポイントプレゼントのときに楽天カードを発行しました。それから、5年以上愛用しています。


普段の買い物でもポイントが100円につき1ポイント貯まりますし、楽天市場では2倍以上のポイントを貯められほんとうにお得です。後ほど紹介しますが、SPUやお買い物マラソン、楽天スーパーセールを活用すると、短期間で数万ポイント貯めることも可能です。

ただし、ポイントはいつ変更になるかわかりません。多くのポイントがもらえる時期を待っても、方針の変更によって、アップしない可能性もあります。

そのため「楽天カードを作りたい」と考えた時に申し込むのが、最もかしこい選択です。

楽天カードのキャンペーンの注意点

通常ポイントと期間限定ポイント

キャンペーンでもらえるポイントには、以下の2種類があります。

楽天ポイントの種類
通常ポイント
期間限定ポイント

楽天ポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。1ポイントでも獲得すれば、有効期限は延びます。

通常ポイントの場合、上記の有効期限が適用されます。そのため、最低でも1年間は、使えます。

しかし、期間限定ポイントの場合は、有効期限延長の対象とはなりません。

それに、その名の通り、利用できる期限が決められています。

楽天カードの申し込みキャンペーンでは、通常ポイントと期間限定ポイントがもらえます。

そのため、期間限定ポイントの方は、早めに使い切っておきましょう。

ポイントがもらえる条件を確認


キャンペーンでもらえるポイントは、無条件でもらえるわけではありません。

申し込み後に、以下のような条件が適用された場合にもらえます。

条件の例
楽天e-NAVIで受け取り申請をする
定められた期間内にカードでショッピングを1回以上利用する

このように、条件が適用されなければ、ポイントはもらえません。

それほど、ハードルは高くないので、申し込み前に、申し込み要項を確認して、確実にポイントをもらえるようにしましょう。

新規申込みが対象。2枚目は対象外

キャンペーンは、新規で楽天カードを申し込みした方が対象です。既に楽天カードを持っている方や過去にカードを発行した方は、対象外です。

キャンペーンでポイントをもらいたいために、2回、3回とカードを申し込んでもポイントはもらえないので注意しましょう。

また、公式サイトの申し込みからのみ適用になります。

マイルへの交換も可能!ポイントの使い方が多彩


キャンペーンで獲得したポイントは、楽天市場をはじめ、楽天関連サービスで1ポイント=1円相当として、利用できます。

期間限定ポイントも以下のような方法で、無駄なく使ってしまいましょう。

楽天グループ 楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天kobo、楽天モバイル、楽天GORA、Rakuten TVなど
楽天ポイント加盟店 マクドナルド、出光、くら寿司、ミスタードーナツ、ジョーシンなど
楽天ペイ加盟店 ドミノピザ、TOHOシネマズ、無印良品、タワーレコード、JINSなど

※ポイントが使えるお店は、変更になることがございます。


例えば、5,000ポイントをもらえれば、5,000円相当として使えます。

楽天市場で、お取り寄せのお肉を食べたり、楽天ブックスで本をたくさん買ったり、くら寿司で家族で食事をしたりと、いろんな贅沢ができます。

ポイントをマイルに交換できる


ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

ANA:2ポイント→1マイル

ポイントを楽天Edyに交換できる

ポイントは、電子マネーの楽天Edyへ交換できます。

1ポイント→1円分

ポイントを提携サービスのポイントに交換できる

ポイントは、提携サービスのポイントへ交換できます。

Oricoポイント、Oki Dokiポイント、NICOSポイント、出光プラスポイント、はぴe、東京メトロ、京成グループ、東京ガス、りそな銀行、ライフマイル、マツモトキヨシ、ヨシケイ、ベネポ、アップルワールド、フォートラベルなど※提携サービスは変更になることがございます

提携サービスのポイントへの交換レートは、楽天ポイントクラブをご覧ください。

楽天ポイントを貯めてもっとお得に活用する


楽天カードの最大のメリットは、カードの支払いでポイントが貯まることです。

ポイントを貯めることで、最大限に活用できます。

最大8倍!楽天ポイントを貯めるなら最強

ポイント還元率 1%
貯まるポイント 楽天スーパーポイント

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、楽天カードが使えるお店なら、楽天ポイントが100円につき1ポイント貯まります。

楽天関連サービスで2倍以上

楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天ダイニングで楽天カードを使うと通常の2倍(100円につき2ポイント)のポイントが貯まります。

また、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が、以下の条件で適用されるとポイント倍率がアップします。

▽最大15倍
・楽天市場での買い物で+1倍
・楽天カードのご利用で+2倍
・楽天銀行口座から楽天カード利用分を引き落としで+1倍
・楽天市場アプリからのお買い物分のみ+1倍
・楽天市場ブックスまたは楽天Koboで合計2,000円以上ご注文で+1倍
・楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカードご利用で+2倍
・楽天トラベル対象期間のご利用で+1倍
・楽天モバイル通話SIMご利用で+2倍
・楽天ブランドアベニュー月に1回以上ご利用で+1倍
・楽天TV NBA Specialまたはパ・リーグSpecialご加入・契約更新で+1倍
・楽天ビューティー月1回1,500円以上ご利用で+1倍
・楽天証券月1回500円以上のポイント投資で+1倍

楽天スーパーセールやお買い物マラソン、ショップのキャンペーンも合わせると、もっとポイントを貯められます。

キャンペーンなら5倍~10倍ポイントが貯まる

キャンペーン ポン!カン!!キャンペーン、楽天e-NAVI、感謝デーなど

楽天カードで支払うことで、ポイントが2倍以上貯まるキャンペーンが豊富です。

5倍~10倍貯まることもあります。

楽天カード会員専用オンラインサービスである楽天e-NAVIでは、開催中のキャンペーン情報を確認できます。

楽天Edy、楽天ポイントカード付帯。マックや出光でポイント貯まる

楽天Edy

電子マネー 楽天Edy

楽天カードに楽天Edyを付帯できます。

楽天Edyとは、以下のような楽天Edy加盟店で利用できる電子マネーのことです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ、イトーヨーカドー、ピアゴ、アピタ、マツモトキヨシ、ツルハドラッグ、ブックオフ、TSUTAYA、タワーレコード、ケーズデンキ、エディオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン、高島屋、紳士服ハルヤマ、紳士服コナカ、Gap、ドン・キホーテ、ロフト、マクドナルド、ガストなど※加盟店は変更になることがございます

事前にチャージ、または楽天ポイントを楽天Edyに交換しておけば、クレジットカードが利用できないお店でも、支払いできます。

楽天Edyでの支払いでも、200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイントカード

ポイントカード 楽天ポイントカード

楽天カードに楽天ポイントカードを付帯できます。

楽天ポイントカードとは、ポイントサービスのことです。

楽天ポイント加盟店でカードを提示すれば、楽天ポイントが貯まる・使えます(100円につき1ポイントなど。加盟店によって異なる)。

マクドナルド、出光、くら寿司、ミスタードーナツ、ペッパーランチ、ポプラ、大丸、紳士服コナカ、コメ兵、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、ジョーシンなど※加盟店は変更になることがございます

さらに、楽天カードでクレジットカード決済すると、100円につき2ポイント(楽天カード1ポイント+楽天ポイントカード1ポイント)貯まります。※100円につき1ポイントの加盟店の場合

もちろん、ポイントカードとして利用できるので、必ずしも楽天カードで決済しなくてもOKです。現金 + 楽天ポイントカードでポイントを貯められます。

Apple Pay

使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

楽天カードで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。QUICPay加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、楽天ポイントが貯まります。ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。

楽天カードはこんなカード

楽天カードの詳しい情報は、以下ページをご覧ください。

楽天カードの作り方


楽天カードは、公式サイトから申し込みできます。

キャンペーンでもらったポイントの使い方、カード利用してのポイントの貯め方を極めることで、楽天カードを最大限に活用できます。

ポイントを使っての、海外旅行も夢ではありません。

公開日:2018年1月29日