クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

学生でも女性でもOK!クレジットカードの作り方

初心者向け 学生でも女性でもOK クレジットカードの作り方
「どんなクレジットカードがあるの?作り方がわからない」
「学生でもクレジットカードを作れる?」
「必要な書類はあるの?」

コンビニやスーパーでもクレジットカードが使えるようになり、便利に利用できる場面が増えました。また、携帯電話料金の支払いやネット通販など、クレジットカードが必要な場面もあります。

しかし、クレジットカードの作り方は難しくありません。

このページでは、初心者向けにクレジットカードの作り方を解説します。

カードの選び方から申し込み方法、おすすめのカードなど、このページをみれば、失敗せずにクレジットカードを作成できます。

クレジットカードの作り方がわかる!3つのステップ

クレジットカードの作り方と注意点 申し込む 審査 クレジットカードが届く
クレジットカードの作り方は、以下の3ステップです。

(1)申し込む
(2)審査
(3)クレジットカードが届く

作り方の流れ自体は、簡単です。しかし、クレジットカードの選び方や年齢制限、引き落とし口座の設定など、いくつかの注意点もあります。

次項から詳しく見ていきましょう。

(1)申し込む


クレジットカードにはいくつかの種類があります。例えば、楽天ポイントが貯まることで人気がある楽天カードやCMでおなじみの三井住友VISAカード、ステータスがあるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなど。

それぞれのクレジットカードには、特徴があって用途に応じて選びましょう。主なチェックポイントは、以下です。

国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、ディスカバーカード、銀聯カードなど。選んだ国際ブランドの加盟店でしかカードは使えません。はじめてのクレジットカードなら、世界で最も加盟店が多いVISAブランドがおすすめ。
年会費 年会費無料、または有料のカードがあります。年会費無料のカードなら、使う機会がなかったとしても、料金がかかることはありません。家族カードやETCカードの年会費も無料の方が扱いやすいです
特典 空港ラウンジ無料やスーパーでの割引など。あなたが普段利用しているお店で、割引やポイントが貯まりやすいなどの特典があるクレジットカードがおすすめです。
ポイント還元率 ポイントが貯まりやすいか。貯めたポイントを使いやすいか
旅行保険 国内・海外旅行保険の補償額。自動付帯なら高評価
補償 ショッピング補償、不正利用・盗難された際の補償、カスタマーサービス

しかし「はじめてのクレジットカードで何を選んでいいかわからない」という方もいらっしゃると思います。まだ迷っている方は、以下ページも参考にしてみてください。

ステータス性や特典を求めるなら、ゴールドカードもおすすめです。

申し込むカードが決まったら、申し込みしましょう。カードの申し込みは、以下の方法があります。

・Web(インターネット)
・店頭
・電話

おすすめはWeb(インターネット)からの申し込みです。各カード会社のホームページから申し込みます。Webから申し込むメリットは「好きな時に申し込める」「年会費無料やポイントプレゼントなどWeb限定特典がある」ことです。


私も8枚のクレジットカードを保有していますが、いつもWebから申し込んでいます。パソコンだけでなく、スマホからも申し込めますよ。

申し込みの際には、主に以下のような情報を入力します。

名前、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、運転免許証の有無、家族構成、住宅ローン、職業、年収、預貯金額、勤務先情報(学校名)、他社からの借り入れ状況、銀行の引き落とし口座

主には、個人情報になります。申し込みに必要な項目ですので、正確に入力しましょう。

銀行の引き落とし口座については、申し込み時に入力するパターンとカードが届いた後に、口座振替依頼書を返送するパターンがあります。

(2)審査


クレジットカードは、申し込み完了すれば、誰でも発行できるわけではありません。必ず「審査」があります。

審査では、主に以下のようなことを元に発行が検討されます。

・過去のカードの利用における、支払いの延滞やトラブル
・学生や専業主婦など安定した収入がない方は審査に通りにくい
・年齢が申込要件と一致しているか

審査に落ちてしまったら、残念ながらクレジットカードは発行できません。しかし、カード会社によって審査基準が異なるので、他のカードの申し込みを検討しましょう。


審査結果のお知らせは、メールで届きます。即日で審査されることもあれば、1週間以上かかる場合もあります。海外旅行や出張で、早くクレジットカードが必要な方は、以下ページをご覧ください。

最短で、即日発行されるクレジットカードをまとめています。

(3)クレジットカードが届く


審査を通過すれば、クレジットカードが郵送で届きます。または、申し込み時に店舗受け取りにしていれば、店舗で受け取ります。即日発行のクレジットカードの場合は、郵送だと届くまでに時間がかかるので、店舗受け取りにする場合が多いです。

郵送では、審査後1~3日程度で発送されることもあれば、1週間以上かかることもあります。カード会社によって異なります。

カードの受け取りには、本人様確認のための公的証明書類(運転免許証やパスポートなど)が必要になります。郵便局や佐川急便など、運送会社によって異なります。

配達員が、公的証明書類を確認し、受け取り完了になります。

カード裏面に署名

カードが届いたら、裏面に署名をしぃましょう。

まれにですが、支払い時に署名を確認されることがあります。

カードはすぐに使える

カードは、すぐに使えます。コンビニやスーパー、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、必要に応じて利用しましょう。

ただし、引き落とし口座を設定していなければ、銀行振込やコンビニで払いなどでの支払いになってしまいます。

同封されている口座振替依頼書に、銀行口座を記入し返送しましょう。返送が確認され次第、引き続き口座より引き落としになります(ネットでの手続きの場合もあります)。

注意点

年齢(学生不可)や収入などの要件について

クレジットカードは、以下のように申し込みできる要件がある場合があります。

・20歳以上
・学生限定
・本人に安定継続収入のある方
など

クレジットカードは、18歳以上の方しか発行できません。18歳以下の学生が、留学や一人暮らしでカードが必要な場合は、電子マネーやNEOMONEYのようなプリペイドカードを利用しましょう。

18歳以上の大学生や専門学校生であれば、クレジットカードは発行できます。ただし、「本人に安定継続収入のある方」といった条件がある場合には、申し込みできません。その場合は、学生向けのクレジットカードを申し込みしましょう。

もちろん、女性でもカードは作れます。

まとめ

クレジットカードの作り方は、以下の流れになります。

(1)申し込む
(2)審査
(3)クレジットカードが届く

注意点としては、年齢や年収などの要件により、申し込みできないこともあります。また、申し込みできても審査に通過しなければ、カードは発行できません。

クレジットカードが発行できれば、ポイントが貯まったり、旅行保険が付帯したり、支払い以外にもメリットがあります。ぜひ、クレジットカードを活用してみてください。

公開日:2018年1月10日