クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

【2018年】最強!はじめての1枚におすすめのクレジットカード比較ランキング

当サイトおすすめのクレジットカードピックアップ
今すぐカードを選びたいならこれ!はじめての1枚におすすめのクレジットカード
特典をみてみる
三井住友VISAクラシックカードA
ショッピング、旅行、セキュリティの3役揃ったスタンダード。信頼と実績の三井住友VISAカード
特典をみてみる
【リクルートカード】
1.2%の高還元率!じゃらん、ポンパレ使いにおすすめ。Pontaポイントにも交換できる
特典をみてみる
楽天カード
楽天市場でポイント10倍以上の超高還元!楽天での買い物を制する年会費無料のお得カード
特典をみてみる
オリコカードザポイント
多彩な使い方!ポイントを楽天ポイントやTポイント、JALやANAマイルに交換できる

はじめての1枚におすすめのクレジットカードランキングの根拠と選び方

クレジットカード選びで失敗しない はじめての1枚
このページで紹介するクレジットカードは、以下の理由で選んでいます。

国際ブランド はじめてのクレジットカードは、世界で最も加盟店が多いVISAブランドがおすすめです。お店でもネットショッピングでも使えるお店が多く、使いやすいメリットがあります。
年会費 はじめてのクレジットカードは、年会費無料、または安いカードがおすすめです。仮に使う機会がなかったとしても、料金がかかることはありません。家族カードやETCカードの年会費も無料の方が扱いやすいです
特典 あなたが普段利用しているお店で、割引やポイントが貯まりやすいなどの特典があるクレジットカードがおすすめです。

また、クレジットカードを選ぶ際に、よく比較される以下の要素も踏まえ総合的に判断しています。

ポイント還元率 ポイントが貯まりやすいか。貯めたポイントを使いやすいか
旅行保険 国内・海外旅行保険の補償額。自動付帯なら高評価
補償 ショッピング補償、不正利用・盗難された際の補償、カスタマーサービス

はじめての1枚におすすめのクレジットカードは、ポイント優遇サービスや特典が異なり、使う人によってメリット・デメリットがあります。

あなたが、はじめてのカードを選ぶ際も、これらの特徴をふまえて選ぶとベストな1枚がみつかります。

最強の1枚!はじめての1枚におすすすめのクレジットカードベストランキング

1位三井住友VISAクラシックカードA

信頼の1枚!国内・海外旅行保険付きでセキュリティ対策抜群
CMでもおなじみの三井住友VISAカード。知名度は抜群でクレジットカードのスタンダードともいえます。三井住友VISAクラシックカードAの特徴は、国内・海外旅行保険が自動付帯していること。海外の医療費は高額です。旅行や出張で、はじめて海外に行く方でも安心できます。また、三井住友VISAカードは日本語対応のサポートや顔写真付きのカードなどセキュリティの高さにも定評があります。簡単な条件を満たすと年会費が無料になります。
特徴
国内・海外旅行保険が自動付帯
最大10%のポイント高還元
三井住友VISAカード特典付き
国際ブランド
VISA、MasterCard
年会費 初年度:無料
翌年以降:1,500円※「マイ・ペイすリボ」登録&年1回以上のカード利用で次年度無料※学生は卒業予定年まで250円
家族カード:有料
ETCカード:無料※年1回以上のカード利用で次年度無料
ポイント還元率 ワールドプレゼントポイント:基本還元率0.5%
・ポイントUPモール経由のネットショッピングでポイント最大20倍(還元率10%)
・ココイコ対象店で最大18倍(還元率9%)
・プレミアムポイント加盟店で最大20倍(還元率10%)
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(楽天ポイント、nanaco、WAON、Tポイント、Pontaポイント、ヨドバシカメラのポイントなど)、ポイントをANA、シンガポール航空、アリタリア-イタリア航空マイルに交換可、電子マネー付帯(iD、PiTaPa、WAON)、三井住友銀聯カード発行可、Apple Pay対応
特典 VJトラベルデスク、エア&ホテル ダイナミックパッケージ、GlobePass、チケット優待、会員限定イベントなど
旅行保険 海外:最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)※賠償責任:最高2,500万円
国内:最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)
補償 VJデスク、顔写真付きのカード、バーチャルカード、お買物安心保険、不正利用・盗難された際の補償など

2位リクルートカード

1.2%のポイント高還元と旅行保険付帯!年会費無料とは思えないクレジットカード
クレジットカード情報誌のランキングでも常に上位のクレジットカードです。その理由はポイント還元率。コンビニ、公共料金の支払い、携帯電話代、電子マネーへのチャージなど、いつでも1.2%のポイントが貯まります。貯めたポイントは、じゃらんやポンパレモールで使用可。また、Pontaポイントに交換できるから、ローソンやガソリンスタンドで無駄なく使えます。さらに、国内・海外旅行保険付きで旅行用にもOK!
特徴
どこでも1.2%の高還元率
Pontaポイントに交換できる
電子マネーのチャージでポイントが貯まる
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:有料(JCBは無料)
ポイント還元率 リクルートポイント:基本還元率1.2%
・ポンパレモール最大21.2%還元
・じゃらん最大11.2%還元
・ホットペッパービューティー最大3.2%還元
・ホットペッパーグルメ最大3.2%還元
提携サービス ポイントを他社ポイントに交換可(Pontaポイント)、PontaポイントをJALマイルに交換可、電子マネーチャージでポイントが貯まる(nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)、Apple Pay対応
特典 特になし
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
補償 ショッピング保険、不正利用・盗難された際の補償

3位楽天カード

会員数1,200万人以上の急成長カード!ポイント加盟店が多く使い勝手は抜群
楽天カード万のCMでもおなじみの楽天カード。会員数1,200万人以上を誇り、近年、急成長しています。楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックスならいつでもポイント2倍。SPU、楽天スーパーセール、お買い物マラソン、ショップのキャンペーンも合わせると10倍以上の超高還元も難しくないです。貯めたポイントは、楽天市場をはじめマクドナルドや出光などリアル店舗でも使用可。楽天Edy、ANAマイルへの交換も可。
特徴
楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックスならいつでもポイント2倍
キャンペーンも合わせると10倍以上の超高還元
楽天市場をはじめマクドナルドや出光などポイントが使いやすい
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB、American Express

総合評価(平均):4.2 ★★★★ 楽天カードの口コミ・評価を見る

年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:500円
ポイント還元率 楽天ポイント:基本還元率1%
・SPU適用で最大15%還元
・楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど10%以上還元も可
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(楽天Edy)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネーチャージ可(nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA※楽天Edy以外はポイントが貯まりません)、電子マネー付帯(楽天Edy)、ポイントカード付帯(楽天ポイントカード)、Apple Pay対応
特典 楽天カードラウンジ
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国内:なし
補償 不正利用探知システム、本人認証サービス、ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難保険

4位オリコカード ザ ポイント

貯まったポイントを他社ポイントやマイルに交換できる
年会費、家族カード、ETCカードも無料のカード。普段の買い物でも1%のポイントが貯まり、オリコモール経由のネットショッピングで最大15.5%のポイントが貯まります。貯まったポイントは、dポイント、楽天ポイント、WALLET ポイント、Tポイント、WAONポイント、Pontaポイントなどに交換可能。ANA、JALマイルにも交換できます。
特徴
年会費無料
家族カードもETCカードも無料
ポイントが貯まりやすい
国際ブランド
MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:無料
ポイント還元率 オリコポイント:基本還元率1%
・入会後6か月間はポイント2倍(還元率2%)
・オリコモールで最大15倍+0.5倍(還元率15.5%)
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(dポイント、楽天ポイント、WALLET ポイント、Tポイント、WAONポイント、Pontaポイントなど)、ポイントをANA、JALマイルに交換可、電子マネー付帯(iD、QUICPay)、Apple Pay対応
特典 なし
旅行保険 なし
補償 不正利用・盗難された際の補償など

5位dカード

提携先が豊富なdポイントを貯められる!ローソンで3%OFF
普段の買い物でも100円につき1ポイントdポイントが貯まります。スターバックスカードやエネオスでは2%~4%に還元率アップ。dカードが付帯しているからdカードの提示で2重にポイントが貯まります。ローソンではお買物がいつでも3%OFFになりクレジットカード払い、dポイントカード提示で最大5%もお得になります。最大1万円のdカードケータイ補償付き。
特徴
還元率1%!普段お買い物でdポイントを貯められるクレジットカード
最大1万円のdカードケータイ補償
スターバックスカードやエネオスでは2%~4%に還元率アップ
国際ブランド
VISA、MasterCard
年会費 初年度:無料
翌年以降:1,250円
家族カード:400円
ETCカード:500円
※すべてのカードは年1回以上利用で次年度無料
ポイント還元率 dポイント:基本還元率1%
・スターバックスカードやエネオス、洋服の青山など特約店では2%~4%に還元率アップ
・dカードポイントUPモール経由で最大10.5%還元
提携サービス ドコモの利用料金にポイントを使える、ポイントを他のポイントに交換可(Pontaポイント、スターバックスカード、ドトール バリューカード、iDなど)、ポイントをJALマイルに交換可、電子マネー付帯(iD)、ポイントカード付帯(dカード)、Apple Pay対応
特典 dポイントクラブ(条件に応じて優待がうけられる)、最大1万円のdカードケータイ補償、ローソン、ノジマで3%OFF(キャンペーン時)、VJデスク
旅行保険 海外:なし
国内:なし
補償 お買物あんしん保険、不正利用・盗難された際の補償

6位Yahoo! JAPANカード

Tポイントを貯めるなら最強!Yahoo!ショッピング、ロハコではいつでも3倍の高還元
ヤフー株式会社が発行するクレジットカード。Tポイントが貯まるカードの中でも最も還元率がよく人気があります。Yahoo!ショッピング、ロハコならいつでもポイント3倍。Yahoo!プレミア会員、ソフトバンクユーザーなら毎日4倍~5倍還元率がアップします。Tカードが付帯しているからTカードの提示で2重にポイントが貯まります。
特徴
還元率1%以上!Tポイントが最も貯まるクレジットカード
Yahoo!ショッピング、ロハコではいつでもポイント3倍
Yahoo!プレミア会員、ソフトバンクユーザーなら毎日4倍~5倍還元率アップ
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:有料
ポイント還元率 Tポイント:基本還元率1%
・Yahoo!ショッピング、ロハコでいつでも2%還元
・Yahoo!プレミア会員、ソフトバンクユーザー、Y!mobile契約者は毎日4倍~5倍還元率がアップ
・期間限定でキャンペーンで10%以上還元も可
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(ENEOSカードなど)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネーチャージでポイントが貯まる(nanaco、au WALLET、モバイルSuica、SMART ICOCA)、ポイントカード付帯(Tカード)、Apple Pay対応
特典 特になし
旅行保険 海外:なし
国内:なし
補償 ショッピングガード保険、プラチナ補償(有料)、不正利用・盗難された際の補償

7位イオンカード(WAON一体型)

2つの機能が1つに!イオンでお得なカード
クレジットカード+WAON付きのカード。イオン銀行以外でも利用代金の引き落としが可能です。イオンお客さま感謝デーで5%割引、イオンシネマがいつでも300円割引になります。年会費無料なので、イオンをよく利用するならイオンで割引をうけるためにカードを発行するのもあり。WAONも使えますが、オートチャージ(自動入金)はできません。
特徴
クレジットカード+WAON付きカード
イオンで5%OFF
イオンシネマで300円割引
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:無料
ポイント還元率 ときめきポイント:基本還元率0.5%
・イオングループで還元率1%
・ときめきポイントTOWNで最大還元率10.5%
・ときめきポイントクラブで還元率1%~1.5%
提携サービス ポイントをJALマイルに交換可、ポイントを他のポイントに交換可(dポイント、Suicaへのチャージ)、電子マネー付帯(WAON、iD)、Apple Pay対応
特典 イオンお客さま感謝デーで5%割引、イオンG.G感謝デーで5%割引、イオンシネマがいつでも300円割引、全国の提携施設で優待特典、イオンワールドデスク
旅行保険 海外:なし
国内:なし
補償 ショッピングセーフティ保険、不正利用・盗難された際の補償など

8位エポスカード

優待豊富!即日発行できるから急な旅行や出張にも
年4回マルイで10%割引や全国7,000の映画館や遊園地、カラオケでの優待特典が魅力。貯めたポイントはギフト券やANA、JALのマイルに交換できます。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯。主に全国のマルイ内にある「エポスカードセンター」受け取りなら即日発行可能です。
特徴
年会費無料。即日発行可能
海外旅行保険が自動付帯
マルイで10%割引や全国のレジャー施設で優待特典がうけられる
国際ブランド
VISA

総合評価(平均):4.1 ★★★★ エポスカードの口コミ・評価を見る

年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:なし
ETCカード:無料
ポイント還元率 エポスポイント:基本還元率0.5%
・たまるマーケットで最大15%還元
・マルイや全国のレストラン、カラオケなどの提携店で最大2.5%還元
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(dポイント、au WALLET ポイント、スターバックス カードなど)、ポイントをANA、JALマイルに交換可、電子マネーチャージでポイントが貯まる(楽天Edy、モバイルSuica)、Apple Pay対応
特典 マルイで年4回10%割引、全国7,000店舗で割引や特典付きの優待サービス
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
国内:なし
補償 不正利用・盗難された際の補償、正使用の探知システム、ネットログイン通知サービス、バーチャルカード

9位ライフカード

誕生日月ポイント3倍!ポイントが貯まりやすいカード
ライフカードは通常1,000円につき1ポイントたまります(還元率0.5%)。しかし、初年度1.5倍(還元率0.75%)、誕生日月3倍(還元率1.5%)、ステージ制プログラム最大2倍(還元率1%)とL-Mallで最大25倍(還元率12.5%)とポイントを貯めやすいプログラムが多数あります。貯まったポイントは、Amazonギフト券やVプリカギフト、ANAマイル、楽天ポイントなど多彩な商品への交換が可能です。
特徴
年会費無料!家族カードもETCカードも無料
誕生日月ポイント3倍
ポイントをAmazonギフト券や電子マネー、ANAマイルに交換可能
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:無料
ポイント還元率 サンクスポイント:基本還元率0.5%
・初年度ポイント1.5倍
・誕生日月ポイント3倍
・L-Mallで最大25倍
・年間利用金額に応じて1.5倍~2倍
・1年間の利用金額が50万円以上でスペシャルボーナス300ポイント
提携サービス ポイントを他のポイントに交換可(dポイント、楽天ポイント、WALLET ポイント、Gポイントなど)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネー付帯(iD)、Apple Pay対応
特典 旅行サービス<リロの旅デスク>で国内・海外ツアーが最大8%割引、スーツケースや旅行グッズのレンタルが割引、国内レンタカーが割引、提携施設優待
旅行保険 なし
補償 不正利用・盗難された際の補償など

10位ビックカメラSuicaカード

Suicaを使うならこれ!ビックポイントとビューサンクスポイントが同時に貯まる
電車やバスに乗車できる電子マネー「Suica」が搭載されたカード。普段の買い物で、ビックポイントとビューサンクスポイントが同時に貯まる(還元率1%)他、Suicaへのオートチャージでビューサンクスポイント3倍(1.5%還元)、ビックカメラで現金同等の10%のビックポイントが貯まります。オートチャージしたSuicaを使ってビックカメラで支払うと11.5%の高還元率になります。ビックポイントもビューサンクスポイントもSuicaに交換可能。
特徴
ビックポイントとビューサンクスポイントが同時に貯まる
Suica機能搭載!オートチャージでポイント3倍
ビックカメラで最大11.5%のポイント還元
国際ブランド
VISA、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:477円※前年1回以上利用で次年度無料
家族カード:なし
ETCカード:477円
ポイント還元率 ビックポイントとビューサンクスポイント:基本還元率1%
・Suicaへのオートチャージでポイント3倍(1.5%還元)
・ビックカメラで現金同等の10%還元
・Suicaオートチャージ1.5% + ビックカメラ10%で11.5%還元
提携サービス Suica、Apple Pay対応
特典 モバイルSuicaの年会費は当面無料、提携施設優待
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
補償 不正利用・盗難された際の補償など

11位Booking.comカード

旅行用ならこれ!国内・海外旅行保険付帯&世界中のホテル宿泊代金10%OFF
年会費無料で国内・海外旅行保険が自動付帯する旅行に威力を発揮するカード。宿泊予約サイトBooking.comならポイント6%還元、対象ホテルの宿泊代金10%OFFになります。貯まったポイントは現金でキャッシュバックされるから無駄がありません。年会費無料だから、年に1回の旅行でも持ちたいカード。2枚目、3枚目のカードにもおすすめです。
特徴
世界中のホテルの宿泊代金10%OFF、レンタカー予約8%OFF
国内・海外旅行保険が自動付帯
Booking.comで最大6%の高還元率
国際ブランド
VISA
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:なし
ETCカード:無料(1回以上の利用で翌年度無料)
ポイント還元率 ポイント:基本還元率1%
・Booking.comで最大6%還元
提携サービス 電子マネーチャージ可(iD)、Apple Pay対応
特典 Booking.genius会員にアップグレード(Booking.comでの宿泊予約10%OFF、空港無料送迎など)、Rentalcars.comでのレンタカー予約8%OFF
旅行保険 海外:最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)、※賠償費用:最高2,500万円
国内:最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)
補償 お買物安心保険、不正利用・盗難された際の補償

12位UCSカード

アピタ・ピアゴで5%OFF!ポイントアップも割引もうけられるお得なカード
アピタ・ピアゴで毎月の指定日が5%OFFになります。さらに、毎月もらえるアピタ・ピアゴ プレミアムチケットを使えば、年間12日好きな日を5%OFFにできます。また、通常200円につき1ポイントのポイントがアピタ・ピアゴならポイント2倍(還元率1%)。宇佐美直営ガソリンスタンドで2円/L引き、ショッピング保険付帯など、ショッピングに威力を発揮するカードです。
特徴
年会費無料!家族カードもETCカードも無料
アピタ・ピアゴでポイント2倍
アピタ・ピアゴで5%OFF
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
年会費 初年度:無料
翌年以降:無料
家族カード:無料
ETCカード:無料
ポイント還元率 Uポイント:基本還元率0.5%
・アピタ・ピアゴ・サークルK・サンクスで1%還元
・対象商品の購入でUCSボーナスポイント
・ぽいん貯モールで最大15%還元
・優待加盟店でポイントアップ
・UCSロイヤルメンバーズになると20%アップ
提携サービス ポイントをJALマイルに交換可、電子マネー付帯(QUICPay)、Apple Pay対応
特典 宇佐美直営ガソリンスタンドで2円/L引き、アピタ・ピアゴで指定日5%OFF、アピタ・ピアゴ プレミアムチケットで年間12日好きな日を5%OFF、お誕生月の好きな1日を5%OFF、MEGAドン・キホーテUNYで優待、旅行予約8%OFF、提携施設優待
旅行保険 なし
補償 ショッピング保険、不正利用・盗難された際の補償など

クレジットカードの発行には、年齢制限や審査があり、学生の方は発行できないカードもあります。学生の方は、学生向きのカードを検討しましょう。詳しくは、以下ページをご覧ください。

【初心者向け】はじめての1枚に選びたいクレジットカードはどんなカード?

クレジットカードは、国内で1万種類以上も発行されています。海外旅行やネットショッピングを利用するために、はじめてクレジットカードを作る方は、どんなカードがいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、以下の選び方を参考にしてみてください。

国際ブランドは使えるお店が多いVISAがおすすめ


国際ブランドとは、カードのブランドのことです。世界には、主に7つの国際ブランドがあります。

主な国際ブランド
VISA:世界で最も加盟店が多く使いやすい
Mastercard:世界で2番目に加盟店が多くVISA同様に使いやすい
JCB:日本発の国際ブランド。日本国内で1位。世界でも加盟店が増えている
AMERICAN EXPRESS:ステータスの高さや特典の豊富さで人気
Diners Club:世界で初めてのクレジットカード。ステータスが高い
銀聯:中国で利用者の多い国際ブランド。急成長中。
ディスカバーカード:アメリカ中心。ディスカバーカード加盟店でJCBが使える(一部対象外)

クレジットカードを発行する際には、必ず国際ブランドを選びます。例えば、VISAならVISA加盟店で、JCBならJCB加盟店で使えるようになります。

ただし、発行できる国際ブランドは、カードによって限られます。楽天カードのように、VISA、MasterCard、JCBの中から好きなカードを選べるカードもありますし、エポスカードのようにVISAしか選べないカードもあります。

カードを選ぶ際には、どんな国際ブランドのカードを発行できるかを確認しましょう。


はじめてにおすすめの国際ブランドは、VISAです。VISAは、世界で最も加盟店が多いです。すなわち、使えるお店が多いので、お店での支払いでも、ネットショッピングでも使い勝手が抜群にいいです。

このページで紹介したクレジットカードは、すべてVISAを選べます。

ちなみに、今後、2枚目、3枚目のクレジットカードを発行する機会があれば、1枚目とは違った国際ブランドにすることをおすすめします。理由は単純で、使えるお店が増えるからです。私もVISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESSのカードを保有しており、ほとんどのお店でクレジットカード払いができるようにしています。

年会費は無料または安いカードがおすすめ


クレジットカードの年会費は、保有していることで毎年支払う料金のことです。主に、以下のパターンと特徴があります。

年会費永年無料 初年度も翌年以降もずっと年会費無料です。保有していることで、料金は一切かかりません。旅行保険や特典目当てで保有するのもおすすめ。
初年度無料。年1回の利用で翌年以降無料 初年度は、年会費無料。年に1回でも利用すれば翌年も無料になります。コンビニで100円の買い物をカード払いするだけでもOK。実質年会費無料と言えます。
初年度無料。翌年以降有料 初年度は、年会費無料。翌年以降は年会費がかかります。「年会費無料」といった宣伝でも、翌年に料金がかかるか確認しておきましょう。
有料 毎年、年会費がかかります。料金は1,000円のカードから、ゴールドカードなら3万円以上することも。有料の分、特典が充実しているケースが多く、年会費以上の価値があるカードもあります。特典の内容で判断しましょう。

決済という観点では、年会費無料でも有料でも、クレジットカードには代わりありません。

年会費が有料のカードは、海外旅行保険の補償額が大きかったり、会員限定イベントに招待されたり、プライオリティパス無料(空港ラウンジ)だったり特典が豊富なことが魅力です。


しかし、はじめてのクレジットカードであれば、年会費無料のカードをおすすめします。

年会費無料であれば、年に数回しかカードを利用しなくても、年会費を支払わずに済みます。カードを発行してみたものの、使い勝手が悪かったり、気に入らなかったりしても年会費がかかことはありません。クレジットカードに慣れてきて、もう1枚カードがほしくなったときでも、はじめてつくったカードをサブカードとして保有しておくこともできます。

カードの中には、条件をクリアすることで翌年度の年会費が無料になることもあります。ケースとして多いのは、「年1回以上の利用で翌年度の年会費無料」です。そのようなカードは、コンビニで100円のパンを買うだけでもOKなので、年会費無料と考えてもいいでしょう。

あなたがよく利用するお店で特典のあるカードを選ぶ


クレジットカードは、単なる決算手段ではなく、優待特典が付くことがあります。

例えば、イオンカード(WAON一体型)はイオンお客さま感謝デーで5%割引、イオンシネマがいつでも300円割引の特典が付きます。

UCSカードは、スーパーマーケットの「アピタ」「ピアゴ」で、特定日が5%割引になります。

よく利用するお店で特典のあるカードなら、それだけで大きなメリットになります。

ランキング

はじめてのクレジットカードを選ぶ際の注意点

安易にカードを発行しない

ショッピングモールを歩いていたり、お店のレジにいったりするとクレジットカードの入会をすすめられることがありますよね。「今ならキャンペーンでポイントがもらえます」「1年間は年会費無料です」といった特典が付いていて、魅力的に感じることもあります。

しかし、事前にそのカードのことを調べてから、カードを選びましょう。

その方が、「カードを作ってみたものの結局使わなかった」「忘れた頃にキャンペーン期間が終了し年会費がかかった」といった失敗を防げます。

それに、発行したのかどうかも忘れるほど管理できていないと、紛失したことに気づかない危険もあります。不正利用や盗難のリスクにもなりますので、安易にカードを作ることは避けましょう。

発行停止のリスクをおさえるならプロパーカードもおすすめ


クレジットカードには、大きく分けて「プロパーカード」「提携カード」にわかれます。例えば、CMでもおなじみの三井住友カードは、以下の種類があります。

種類 発行元 代表的なカード
プロパーカード 三井住友カードが発行 三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAゴールドカードなど
提携カード(航空会社) ANAやPeachが三井住友カードと提携して発行 ANAカード、Peach Cardなど
提携カード(その他) サービスやアニメ、大学が三井住友カードと提携して発行 Amazon Mastercard、ガンダムVISAカード、大阪大学カードなど

クレジットカードとして支払いに利用する分には、どれも同じです。

異なるのは「ステータス」と「特典」です。

チェックポイント
プロパーカード:ステータスの高さと三井住友カードならではの手厚い特典が魅力。ポイント還元率が低め。
提携カード:提携先のサービスで、お得な特典を受けられる。ただし、プロパーカード程のステータスはない

どちらがいいかは、クレジットカードに何を求めるかによるので、一概にはいえません。用途に応じて、使い勝手がいいカードを選ぶのがいいです。

しかし、はじめてのクレジットカードで「決済用に1枚だけ持っておきたい」「何枚も持ちたくないし長く愛用できるカードが欲しい」という方には、プロパーカードがおすすめです。

プロパーカードは、三井住友カードが独自で発行しているので、発行停止のリスクが少なく、長期にわたって愛用できます。また、プライムゴールドカード → ゴールドカードといったように、ステータスが高いカードに移行できるメリットもあります。


クレジットカードは、1万種類以上もあり、小さなお店・サービスでも提携カードを発行していることがありますが、サービスが終了すると発行停止になるかもしれません。

なお、プロパーカードは、三井住友カード(VISA)、JCB、アメックス(アメリカン・エキスプレス)があります。ブランドごとにまとめましたので詳しくは、以下ページもご覧ください。

ランキング

公開日:2018年5月2日