クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

アメックスカード(グリーン)のメリットとデメリット

選べる国際ブランド
American Express
初年度年会費
12,000円
翌年以降年会費
12,000円

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス・カード)のメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

緑色のデザインのアメリカン・エキスプレス・カードは、通称アメックスグリーンとも呼ばれます。

完全解説:アメックスカード(グリーン)が優れている7つのメリット

特典1:アメックスのステータス


2017年に日本上陸100周年を迎えたアメリカン・エキスプレス(アメックス)。

クレジットカードの国際ブランドの中でも、1位、2位を争うステータスを持つブランドとして知られています。

また、JCB加盟店と加盟店契約を結んだことで、日本でも多くの店舗でアメックスのカードが使えるようになり、使い勝手も向上しました(JCB加盟店でも一部の店舗では使えないこともあります)


アメックスカード(グリーン)は、一般カードと呼ばれるスタンダードなカード。年会費は12,000円かかりますが、特典やサポートの充実から、他ブランドのゴールドカード並みの特典が付きます。(後ほど紹介)

アメックス入門として、最適なカードと言えます。

なお、アメックスゴールドカードは、ゴールドカードの代表格ともいえます。より高いステータスを求めるならアメックスゴールドカードも検討してみましょう。

特典2:ポイントが貯まりやすい!対象提携店でポイント最大10倍

ポイント還元率 0.3%~1%
貯まるポイント アメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード

普段の買い物でポイントが貯まる

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、アメックスカード(グリーン)が使えるお店なら、ポイントが100円につき1ポイント貯まります。

提携施設でポイント最大10倍

提携レストランやショッピング、レジャー施設、ネットショッピングなら、最大で通常の10倍(100円につき10ポイント)のポイントが貯まります。

提携施設は、200店舗近くあります。提携店はメンバーシップ・リワード・ボーナスポイント・パートナーズ公式サイトをご覧ください。

ぐるなびのネット予約

事前にぐるなびでポイント連携設定を行うことで、ポイントが貯まります。カードの支払いでもポイントが貯まるので、2重にポイントを貯められます。

特典3:マイルへの交換も可能!ポイントの使い方が多彩


貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。

・宿泊予約、旅行ツアーなどでの支払い
・ヨドバシカメラ、高島屋などでの支払い
・Amazon、百貨店などのギフト券・商品券
・家電や食品、日用雑貨などのアイテム
・楽天ポイント、Tポイント
・提携航空会社のマイル

ポイントの使い道が、豊富に用意されています。

ポイントをマイルに交換できる


ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

ポイントをマイルに交換できる際の選択肢が豊富です。以下の提携航空会社のマイルに交換できます。

・ANA 「ANAマイレージクラブ」
・チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
・デルタ航空 「スカイマイル」
・ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
・タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
・キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
・シンガポール航空 「クリスフライヤー」
・ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」
・スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
・アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
・フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
・エティハド航空 「エティハド ゲスト」
・エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
・カタール航空「プリビレッジクラブ」
・エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」
※内容は変更になる可能性がございます。

ポイントをマイルに交換できるクレジットカードは他にもあります。しかし、ANAのマイルだけ、JALのマイルだけなど、限られた航空会社にしか交換できません。

アメックスカード(グリーン)は、15社の航空会社のマイルに交換できるので、幅が広がります(※交換できる航空会社は、変更になる可能性もあります)。

特典4:一度ポイントを交換すると無期限に


貯まったポイントを一度でも好きなアイテムと交換すると、有効期限が無期限になります。

長い時間をかけて、ポイントを貯められます。

通常、アメックスのポイントは、1年毎にプログラム年度が定められています。入会日より3年が経過した時点で、第1プログラム年度に獲得されたポイントが失効します。

特典5:プライオリティ・パス無料!旅行に強い多彩なサービス

アメックスカード(グリーン)は、空港で以下のような多彩なサービスがうけられます。

プライオリティ・パス無料

プライオリティ・パス
国内外1,000ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」の年会費が無料です(通常99米ドル)。

空港VIPラウンジでは、以下のようなサービスが受けられます。

・ドリンクや軽食が無料
・無料WiFi
・シャワーや仮眠スペース
・マッサージやスパ
・キッズスペース
・テレビ、新聞、雑誌
※設備はラウンジによって異なる

1回利用するには、約27米ドルがかかります。

なお、アメックスゴールドカードなら、年間2回まで無料で利用できます。

もしも、プライオリティ・パス目的で、アメックスのカードを検討しているなら、楽天プレミアムカードをおすすめします。

楽天プレミアムカードなら、年会費10,000円で、本来、年会費399ドルかかる最高クラス「プレステージ会員」として利用できます。プレステージ会員なら、何度でも利用料無料で、空港VIPラウンジが使い放題になります。

空港ラウンジ無料

飛行機の搭乗券
国内外の30か所の空港ラウンジが無料で利用できます(同伴者1名含む)。※海外はハワイ(ダニエル・K・イノウエ国際空港)、韓国(仁川空港)

利用方法は、搭乗券とアメックスカード(グリーン)を受付で提示するだけです。

POWER LOUNGE NORTH
上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるPOWER LOUNGE NORTHです。座席数140席もあり、広々としたきれいなラウンジです。

ソフトドリンク
ソフトドリンクは、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、青汁、トマトジュースなどがフリードリンクで飲み放題です。出発保安検査場通過後のエリアにあるので、出発までの間、ゆっくりと過ごせます。

電源コンセント
電源コンセントもあるので、スマホを充電したり、パソコンで仕事をしたりすることもできます。

雑誌や新聞
雑誌や新聞もあり、暇な時間も有意義に過ごせます。

エアポートラウンジ(北)
空港ラウンジは、ラウンジによって特色があります。上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるエアポートラウンジ(北)です。出発保安検査場通過前のエリアにあるので、空港に早く着きすぎた場合でも休憩できます。

パソコン
パソコンができるスペースもあります。

本来は有料の空港ラウンジを無料で使えるので、アメックスカード(グリーン)の特典は素晴らしいです。

なお、空港ラウンジは、プライオリティ・パスの空港VIPラウンジとは異なります。地方の空港など、空港VIPラウンジがない空港でもラウンジを利用できます。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してくれます(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港)。

無料ポーターサービス

空港で、専任スタッフが無料で荷物を運んでくれます(成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港)。

大型手荷物宅配優待特典

大型手荷物宅配が、割引価格で利用できます。

その他サービス

その他にも、空港周辺での駐車場料金の割引や空港までのタクシーの割引、対象飲食店で利用できるクーポンなどがもらえます。

・エアポート送迎サービス
・エアポート・ミール
・空港パーキング
・海外携帯電話レンタル割引
・レンタカーの国内利用の割引
・カーシェアリングサービス タイムズ カー プラスの発行手数料が無料

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン


ホテルや航空券を予約できるカード会員専用旅行予約サイトです。

会員限定で、優待料金やポイント特典などがあります。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

旅行予約サイトH.I.S.への予約が電話できます。旅行の手配など、忙しい時にも電話で予約できるので楽です。

旅行サイトの優待割引

宿泊・ツアー予約サイト「エクスペディア」「一休.com」「日本旅行」「アップルワールド.com」を優待料金で利用できます。

コットンクラブ

東京・丸の内にあるコットンクラブで、カード会員限定の特典をうけられます。

コットンクラブは、JAZZ、R&Bなどのライブステージを料理を食べながら鑑賞できる施設です。

新国立劇場

新国立劇場で、カード会員限定の特典をうけられます。

新国立劇場は、オペラ、バレエなどのステージを楽しめる施設です。

特典6:最高5,000万円の国内・海外旅行保険付き!家族特約あり

海外旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯)

国内・海外旅行傷害保険とは、国内または海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯:保有しているだけで適用される保険
利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険


海外の医療費は高額です。旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。

家族特約

アメックスカード(グリーン)の海外旅行保険は、家族特約があります。

家族特約は、配属者やカード会員と生計を共にする親族が、海外旅行中に何かあれば、補償をうけられます(補償額は本会員と異なる)。

特典7:補償が充実。不正利用や盗難でも日本語で対応


アメックスカード(グリーン)なら、海外でのトラブルでも24時間通話料無料で、日本語で対応してくれます。

また、万が一のトラブルでも以下のような補償が充実していて、安心してクレジットカードを利用できます。

オンライン・プロテクション


インターネット上での不正使用による損害を全額補償。

ネット通販での買い物も安心です。

ショッピング・プロテクション

アメックススカイ・トラベラー・プレミア・カードで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償。

※補償額は、条件により異なる

リターン・プロテクション

アメックスカード(グリーン)で購入した商品を購入店が返品を受け付けなければ、購入日から90日以内の商品の購入金額を払い戻し。

※補償額は、条件により異なる

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、アメックスカード(グリーン)には不正プロテクションが付帯しています。

不正使用を探知するシステムを導入し、カードを正常に利用できるようチェックしています。

万が一、不正使用があった場合でも、特別なケースを除き、損害額を補償してくれます。

また、カードを紛失、盗難された場合は、無料で新しいカードを再発行してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

アメックスカード(グリーン)のデメリット

普段使いのクレジットカードとしてならメリットが少ない

アメックスカード(グリーン)の年会費は、高いです。

年会費の分、プライオリティ・パス、空港ラウンジ無料、旅行サービス、旅行傷害保険といった特典が手厚いのが特徴です。

特典に魅力を感じないのであれば、年会費無料のカードの方が使いやすいです。

それでも、アメックスカード(グリーン)は、ステータスだけでなく、年会費の価値があるお得なカードです。

セキュリティや補償の高さからも、クレジットカードを安心して利用できます。

年会費は12,000円かかりますが、一日当たりで考えると約33円です。それで、アメックスブランドの安心を買えるなら、むしろ安いといえます。

アメックスカード(グリーン)の知っておきたいQ&A

年会費はかかるの?

アメックスカード(グリーン)の年会費は、12,000円です。更新を続ける限り、毎年12,000円がかかります。

旅行保険やプライオリティパス無料など、ゴールドカード並みの特典を考えると年会費は安いです。

年会費別にアメックスカードを比較したい方は、以下ページもご覧ください。

家族カードは発行できる?年会費は?

年会費6,000円(税抜き)で、家族カードを発行できます。

本会員とほぼ同様のサービスを受けられます(一部特典は対象外)。

配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典をいかせます。

ETCカードは発行できる?年会費は?

ETCカードの発行には、新規発行手数料が850円(税抜き)かかります。

しかし、年会費は無料です。

また、ETCマイレージサービスに登録すれば、ポイントを貯めることもできます。

貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

アメックスカード(グリーン)で、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。QUICPay加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、ポイントが貯まります。ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。

他のアメックスのカードとの違いを教えて?

アメックスカードには、アメックスカード(グリーン)以外にも種類があります。

他のアメックスカードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。

国際ブランドは何を選べばいいの?

アメックスカード(グリーン)は、American Expressのみです。

VISA、JCB、MasterCardといった国際ブランドは選べません。

なお、アメックスは、JCB加盟店と加盟店契約を結んだことで、JCB加盟店でもアメックスのカードが使えるようになりました。そのため、日本で使えるお店が、多いです(JCB加盟店でも一部の店舗では使えないこともあります)。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

アメックスカード(グリーン)の申し込みは20歳以上、定職がある方が対象です。主婦、学生、パート、アルバイトの方は、申し込みできません。

なお、発行には審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

アメックスカード(グリーン)はこんな人におすすめ

・旅行によく行くので旅行傷害保険や補償、空港でのサービスを充実させたい
・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい
・ステータスとサポートの高いカードで安心してショッピングを楽しみたい


傷害旅行保険や補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。慣れない海外で困ったことがあれば、24時間通話料無料で日本語での相談ができます。

また、プライオリティ・パス無料、空港ラウンジ無料、手荷物無料宅配サービスなど、快適に旅行を楽しむためのサービスも充実しています。


普段お買い物でも100円につき1ポイントが貯まります。さらに、提携施設ならポイント10倍。貯めたポイントは、いろいろな航空会社のマイルやアイテム、ギフト券に交換できます。


不正利用での補償はもちろん、ネットショッピングでの補償も充実。安心してクレジットカードを利用できます。

アメックスカード(グリーン)は、特典、ステータス、安心。ゴールドカード並みの価値があるクレジットカードです。

公開日:2018年2月1日