クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

dカードのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
VISA、MasterCard
初年度年会費
無料
翌年以降年会費
1,250円
※年1回以上利用で次年度無料

dカードのメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:dカードが優れている7つのメリット

特典1:年会費がお得。家族カード、ETCカードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 1,250円
※年1回以上利用で次年度無料

dカードは、初年度年会費・発行手数料が無料です。

2年目以降は、1,250円かかります。しかし、年1回以上利用で次年度も無料になります。

例えば、コンビニで、dカードを使って、100円のパンを買うだけでもOKです。

家族カードもお得

初年度年会費 無料(2枚まで)
翌年以降年会費 400円
※本会員または家族会員が、年1回以上利用で次年度無料

家族カードも、初年度は年会費無料です。

2年目以降は、400円かかります。しかし、年1回、本会員または家族会員がカードを利用すると次年度も無料になります。

家族カードも本会員と同様にdポイントが貯まり、dカードケータイ補償も付きます。配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典を最大限にいかせます。

また、家族カードで貯めたポイントは本会員に合算されます。家族で、効率よくポイントを貯められます。

ETCカードもお得

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 500円
※本会員が、年1回以上利用で次年度無料

ETCカードも、初年度は年会費無料です。

2年目以降は、500円かかります。しかし、年1回、本会員がカードを利用すると次年度も無料になります。

ETCカードの利用でも、通行料金100円につき1ポイントが貯まります。

特典2:1枚3役!クレジットカードに加えてiD、dポイントカード付帯


dカードは、「クレジットカード(Visa・Mastercardいずれか」と「電子マネー(iD)」と「dポイントカード」の3つの機能が1枚に集約されたカードです。

普通は、3枚のカードを持ち歩かなくてはなりませんが、dカードなら1枚だけですむので、財布の中をすっきりできます。

電子マネー「iD」


dカードにiDを付帯できます。

iDとは、iD加盟店で利用できる電子マネーのことです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、イオン、イトーヨーカドー、マクドナルド、タワーレコード、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ジョーシン、Amazonなど

iDは、全国76万以上の加盟店で利用できる使い勝手のいい電子マネーです。

dカードならチャージ不要で、iDで支払いできます。クレジットカードが利用できないお店でも、支払いできます。

また、dポイントをiDに交換することもできます。

iDでの支払いでも、dポイントが貯めることもできます。特約店なら2倍以上のポイントが貯まります。

dポイントカード


dカードには、dポイントカードが付帯されています。

dポイントカードとは、ポイントサービスのことです。

dポイント加盟店でカードを提示すれば、dポイントが貯まる・使えます(100円につき1ポイントなど。加盟店によって異なる)。

ローソン、ローソンストア100、マクドナルド、サンマルクカフェ、スターバックス カード、ドトール、メガネスーパー、dショッピング、dトラベル、dブック、dミュージック、タワーレコード、AOKI、洋服の青山、ジョーシン、DHCオンラインショップ、メルカリ、JINSオンラインショップ、ABC-MARTオンラインストア、無印良品ネットストア、高島屋、ジェットスター、イオンシネマなど

提携店舗は変更になることがございます。詳しくは、dポイント公式サイトをご覧ください。

さらに、dカードでクレジットカード決済すると、100円につき2ポイント(dカード1ポイント + dポイントカード1ポイント)貯まります。※100円につき1ポイントの加盟店の場合

もちろん、ポイントカードとして利用できるので、必ずしもdカードで決済しなくてもOKです。現金 + dポイントカードでポイントを貯められます。

特典3:ポイント還元率最大10%以上!dポイントがどんどんたまる

ポイント還元率 1%
貯まるポイント dポイント

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、 dカードが使えるお店なら、dポイントが100円につき1ポイント貯まります。

dポイントが貯まるクレジットカードは、dカードかdカード GOLDしかありません。

特約店ならいつでもポイント2倍以上!スタバやエネオスで高還元


dカード特約店なら、dカードで支払うとさらにポイントが貯まります。

スターバックスカード 4%(dカード1% + 特約店特典3%)
エネオス 2%(dカード1% + 特約店特典1%)
洋服の青山 2%(dカード1% + 特約店特典1%)
JTB 3%(dカード1% + 特約店特典2%)
dデリバリー 2%(dカード1% + 特約店特典1%)
対象ストアならさらに0.5~10ポイント加算

※内容は変更になる可能性がございます。

上記の加盟店はほんの一部です。詳しくはdカード特約店公式サイトをご覧ください。

dカードで支払うと、通常1%のポイントが2%以上貯まります。

割引が少ない、スターバックスでポイントを4%も貯められる希少なカードです。

dカードポイントUPモールで最大10.5倍


dカードポイントUPモールとは、dカードまたはdカードGOLDの利用者が使えるポイントサイトです。

以下のような対象店舗でお買い物をするときは、dカードポイントUPモールを経由しましょう。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、セブンネットショッピング、ヤフオク!、イトーヨーカドーネット通販、DHC、ドクターシーラボ、マルイ、じゃらん、JTB、ビッグカメラ.com、三越、ロクシタン、トイザらス、マウスコンピューター、一休.comレストラン、Apple、ふるなびなど※内容は変更になる可能性がございます。

経由するだけで、最大10.5%にもポイント還元率がアップします。

キャンペーン適用でさらにお得

dカードでは、dポイントの還元率がアップしたり、プレゼントに応募できたりとキャンペーンが豊富です。

キャンペーンは、期間限定ですが、さらにポイントが上乗せされてお得です。

特典4:マイルやPontaポイント、iDにも交換できる!ポイントの使い道が多彩


1ポイントは1円相当として、アイテムやギフト券に交換できます。dカードは、基本100円につき1ポイントたまるので、還元率は約1%になります。

貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。

提携店舗は変更になることがございます。詳しくは、dポイント公式サイトをご覧ください。

交換商品が多いのが、dポイントのメリットです。少ないポイントでも、ローソンやマクドナルドで使えば無駄がありません。

また、ドコモの利用料金に使えるので、ドコモを利用している方は、月々の携帯電話料金をおさえられます。

JALマイルを貯める


dポイントは、JALマイルへ交換できます。

dポイント5,000ポイント→2,500マイル

5,000ポイント単位で交換できます。

JALのマイルを効率よく貯めるクレジットカードは他にもあります。しかし、dカードは、dポイントを貯めやすいメリットがあるので、使い方によっては有効な手段です。

特典5:dポイントクラブ優待!ドコモ携帯電話利用者はお得


dポイントクラブとは、入会金無料・年会費無料のポイントプログラムです。

dカードGOLDの利用者なら、登録することで、様々な特典があります。

なかでも、お得なのが、ドコモ携帯電話もしくはドコモ光の利用者です。貯まったポイントに応じて、ステージがアップし、ポイントが優遇されます。

継続利用期間およびdポイント獲得数の両方のステージ判定基準を満たした場合、どちらか上位のステージが適用されます。

ステージ ドコモ回線継続利用期間 dポイント獲得数(6か月累計ポイント)
プラチナ 15年以上 or 10,000ポイント以上
4th 10年以上 or 3,000ポイント以上
3rd 8年以上 or 1,800ポイント以上
2nd 4年以上 or 600ポイント以上
1st 4年未満 or 600ポイント未満

※以前は、レギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4段階でしたが2018年5月より、上記のようにリニューアルされました。

ステージは毎月更新され、アップすると、それぞれに設けられた優待特典を受けられます。

すべてのステージで何かしらの特典があります。下位のステージでもクーポンがもらえるのはお得です。全ステージ共通特典として、ポイント還元や料金の割引もうけられます。

dカードケータイ補償


dカードケータイ補償は、利用中の携帯電話端末が、トラブルで使えなくなったとき、新端末の購入金額または頭金および事務手数料最大1万円(購入から1年以内)を補償してくれるサービスです。

dカード利用者は、dカードケータイ補償が無料で付帯されています。

・対象:利用携帯電話番号にかかる携帯電話端末
・偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)
・最大1万円(購入から1年以内)

1万円では、新しい機種の全額を補填するのは難しいかもしれませんが、何もないよりはうれしいです。


もっと補償を手厚くしたければ、年会費10,000円のdカード GOLDがおすすめです。dカード GOLDは、最大10万円(購入から3年以内)なので、補償の手厚さが違います。スマホは上位機種でも5万円前後で購入できるので、十分過ぎるほどの金額です。

また、dカード GOLDならドコモ(携帯電話やスマホを利用している方)、ドコモ光の利用金額1,000円につき100ポイントが貯まります。

内訳は以下のようになります。

dカード GOLDの特典として「ドコモ通信料の9%分ポイント還元」+ dポイントクラブ会員を対象として 「ドコモ通信料の1%分ポイント還元」= 合計10%還元

通常のdカードでは1%分のポイントしか貯まりませんが、dカード GOLDは10%の超高還元です。

例えば、毎月のドコモ携帯電話料金が10,000円であれば、毎月1,000ポイントもらえます。1年で12,000ポインントももらえるので、それだけで年会費の元は取れてしまいます。

ドコモ携帯電話、ドコモ光を利用している方で、dカードとdカード GOLDのどちらか迷っている方は、dカード GOLDの方が圧倒的にお得です。

特典6:キャンペーンを活用!ローソンで3%OFF


dカードでは、随時キャンペーンが開催されています。

例えば、以下のようなキャンペーンがあります。

ローソン お買物がいつでも3%OFF
ノジマ お買物がいつでも3%OFF
高島屋 dポイントが3%貯まる

※キャンペーンは、期間限定です。内容は変更になることがございます。

ローソンでは、dカードだけで最大5%もお得に買い物ができます。

ローソンはdポイント加盟店なので、dカードを提示するだけで1%のポイントが貯まります。支払いをクレジットカード払いにするとさらに1%のポイントが貯まります。ローソンでは3%割引になるので、合計で5%お得になる仕組みです。

過去には、マクドナルドで5%のポイントが貯まるキャンペーンもありました。

特典7:補償が充実!不正利用や盗難でもあんしん

VJデスク

世界主要都市に設置されたVJデスクを日本語で利用できます。

・ホテルやレストラン、チケットの予約の代行
・観光情報、交通機関の案内
・ガイド・通訳の手配
・パスポート紛失・盗難などのトラブル

ホノルルのVJデスクは、無料で休憩できるラウンジを利用できます。ソフトドリンクサービス、手荷物一時預かりサービス、WiFi接続サービスなどもあります。

お買物あんしん保険

dカードを利用して、海外・国内で購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日以内、最高100万円まで補償してくれます。

国内での購入品の場合:リボ払い または 3回以上の分割払いが対象
海外での購入品の場合:すべてのお支払い方法が対象

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、dカードは、24時間365日連絡できるサポートデスクを設けています。海外の緊急時にも安心できます。

さらに、会員保障制度により、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の90日前から期限なしで、その損害を補償してくれます。

dカードのデメリット

旅行保険が付帯しない

dカードは、国内、海外ともに旅行保険は付帯していません。

年会費無料なので、仕方ないです。dポイントを貯めやすいカードとして、利用するのがいいでしょう。

dポイント関連のサービス使わないならメリットが少ない

dカードは、dポイントが貯まることが最大のメリットです。

そのため、dポイントの関連サービスを利用しないのであればメリットは少ないです。

しかし、普段の買い物で貯めたポイントは、コンビニやマクドナルド、スターバックスカードなど、日常に利用するお店でも使えます。

数あるポイントサービスの中でも、dポイントは使い勝手がいいです。

どのクレジットカードにするか迷っているなら、1枚持っていて損はないカードです。

dカードの知っておきたいQ&A

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 iD加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

dカードで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。iD加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、dポイントが貯まります。ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。

国際ブランドは何を選べばいいの?

dカードは、VISA、MasterCardを選べます。

何にするか迷ったら、世界で最も使えるお店が多いVISAを選んでおくといいでしょう。

その方が、dポイントを貯められるお店が増えます。

とはいえ、MasterCardも、使えるお店はVISAに次いで多いです。他のクレジットカードで、VISAを1枚持っているなら、MasterCardもありです。コストコのように、MasterCardしか使えないお店もあります。

補償はあるの?

最高100万円までのお買物あんしん保険が付帯しています。

カードで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入日から90日以内なら補償してくれます。

国内での購入品は「リボ払い または 3回以上の分割払い」、海外での購入品は「すべてのお支払い方法」が対象になります。

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、特殊なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の90日前から期限なしで損害を補償してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

dカードの申し込みは18歳以上(高校生は不可)の方が対象です。

本人が無収入でも配偶者に収入があればOKです。

ただし、発行には、審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

dカードはこんな人におすすめ

・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい
・ローソンやマクドナルド、スタバなどdポイント、iDサービスをよく利用する
・ドコモ携帯電話をもっとお得に利用したい


dカードは、普段の買い物でも100円につき1ポイントが貯まります。dカード特約店、dカードポイントUPモールを利用することで、10%以上の高還元も可能です。

服やカメラもポイントで購入できます。全額ポイントで支払えば、無料で欲しいものが手に入ります。


貯まったポイントの交換方法も多彩。ローソンやマクドナルドといったdポイント加盟店で使えるほか、Pontaポイント、iDキャッシュバック、JALマイルへの交換も可能です。好きな商品を購入したり、旅行に行ったりポイントをお得に有効活用できます。

コンビニで買い物やスタバで休憩など、日常生活でもポイントが使いやすいです。少ない支払いでも大活躍します。


毎月かかる携帯電話代でもdポイントが貯まります。貯めたdポイントを支払いに使うこともできます。水濡れも補償してくれるdカードケータイ補償も。

dカードは、dポイントが貯めやすく、ドコモ携帯電話利用者におすすめのカードです。

公開日:2018年1月7日