クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

JCB CARD Wのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
JCB
初年度年会費
無料
翌年以降年会費
無料

JCB CARD Wのメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:JCB CARD Wが優れている7つのメリット

特典1:年会費無料!家族カードもETCカードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料


JCB CARD Wは、年会費・発行手数料が無料です。
カードを使わなくても、年会費がかかることはありません。

メインのカードでなくとも、特定のサービスで(後ほど紹介)ポイントを貯めるためのカードと利用してもいいでしょう。

なお、JCB CARD Wは、18歳以上(高校生を除く)39歳以下の方限定のカードです。39歳までに申し込めば、それ以降も年会費無料でずっと使い続けられます。

そのため、気になるなら、若いうちに申し込んでおかないと使えません。

家族カードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料

家族カードの発行手数料・年会費は、無料です。

家族カードも本会員と同様のサービスが利用できます。配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典を最大限にいかせます。

ETCカードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料

ETCカードは、年会費無料です。

ETCカードの利用でも、通行料金1,000円につき1ポイントが貯まります。

また、ETCマイレージサービスに登録すれば、ETCポイントを貯めることもできます。貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。

特典2:いつでもポイント2倍!JCBカードの最強還元率

ポイント還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、JCB CARD Wが使えるお店なら、ポイントが1,000円につき2ポイント貯まります(還元率1%)。

他のJCBカード(オリジナルシリーズ)は、基本的に1,000円につき1ポイントしか貯まりません(還元率0.5%)。

カード名 還元率
JCB CARD W / JCB CARD W plus L 1%
JCB CARD EXTAGE 0.75%(ボーナス適用期間中)
JCB GOLD EXTAGE 0.75%(ボーナス適用期間中)
JCB一般カード 0.5%
JCBゴールドカード 0.5%

JCB CARD Wは、最も還元率がいいカードです。

特典3:最大20倍!ポイントがどんどん貯まる

JCB ORIGINAL SERIESパートナー対象店で2~5倍


JCB ORIGINAL SERIESパートナーとは、Oki Dokiポイントが通常より貯まる優待店のことです。

以下のような対象店舗でお買い物をするときは、JCB CARD Wで支払いしましょう。

Amazon、イトーヨーカドー、セブンイレブン、一休.comレストラン、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル、スターバックスカードへのオンライン入金、U-NEXTなど
※内容は変更になる可能性がございます。

店舗でのカード利用&キャンペーン登録で、2倍~5倍にもポイント還元率(1.5%~3%)がアップします。

Oki Doki ランドで最大20倍


Oki Doki ランドとは、JCBカード利用者が使えるポイントサイトです。

以下のような対象店舗でお買い物をするときは、Oki Doki ランドを経由しましょう。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、セブンネットショッピング、ロハコ、DHC、ドクターシーラボ、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、じゃらん、HIS、エクスペディア、一休.com、ビックカメラ、ジョーシン、ケーズデンキ、Apple、マウスコンピューター、東急ハンズなど
※内容は変更になる可能性がございます。

経由するだけで、最大20倍にもポイント還元率(10.5%)がアップします。

特典4:マイルやギフト券の交換も可能!ポイントの使い道が多彩


ポイント1ポイントは3.5円~5円相当として、アイテムやギフト券に交換できます。還元率は約1%になります(例:1ポイント = Tポイント5ポイント)。

貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。

・Amazon、百貨店の商品券、ヨドバシカメラギフトカード、スターバックス カードへチャージなど
・ポイント(楽天ポイント、nanaco、WAON、Tポイント、WALLET ポイント、楽天Edy、ビックポイントなど)
・東京ディズニーリゾートのチケットやホテル、家電、食品、日用雑貨などのアイテム
・マイル(ANA、JAL、デルタ航空「スカイマイル」)
・JCBプレモカードにチャージ
・JCBトラベル 旅行代金
・キャッシュバック
・寄付

交換したい商品がなくとも、キャッシュバックなら1ポイント=3円で換算し、カード利用代金に充当されるので無駄がありません。

また、JCBはディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであることから、ディズニーリゾートのチケットやパートナーホテルの宿泊券に交換できるのも特徴です。

ポイントをマイルに交換できる


ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

ANA:1ポイント→3マイル
JAL:1ポイント→3マイル
デルタ航空「スカイマイル」:1ポイント→3マイル

ANAとJALの両方のマイルに交換できます。

マイルを効率よく貯めるクレジットカードは他にもあります。しかし、JCB CARD Wは、Oki Doki ランドやJCB ORIGINAL SERIESパートナー対象店の利用で、ポイントを貯めやすいメリットがあります。使い方によっては有効な手段です。

特典5:年会費無料でも海外旅行保険付き

海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 なし

国内・海外旅行傷害保険とは、国内または海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯:保有しているだけで適用される保険
利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険

海外の医療費は高額です。旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。

特典5:JCBカードだけの充実した付帯サービス


JCB CARD Wは、JCBカードの会員が利用できる多彩なサービスがうけられます。

JCB優待ガイド ショップやレストランで優待サービスが受けられる
JCBプラザ 世界60ヵ所に設置された海外サポート窓口。JCBプラザ ラウンジでは、ドリンクやマッサージ機、荷物の当日中一時預かりサービスなどのラウンジサービスが受けられる
JCBプラザコールセンター 海外渡航前に、現地JCB加盟店のレストラン・エステなどを電話予約できる
空港免税店割引サービス 成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOPで割引
JCB空港優待ガイド 空港内の加盟店で優待サービスを受けられる
JCB GLOBAL WiFi 海外で利用できるWiFiルーターレンタルサービスが優待価格に
海外レンタカーサービス 出発前に日本で予約可能な海外の代表的なレンタカー会社を割引
JCB海外おみやげサービス 世界各地の商品を購入できる
キャンペーン プレゼントキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンに応募できる
チケットJCB ミュージカルなどの公演チケットが先行販売や優待価格で購入できる
ディズニー オリジナルデザインのカードが選べたりJCBオリジナルプレゼントがもらえたり特典が豊富

特典7:補償が充実!高セキュリティ!不正利用や盗難でもあんしん


JCB CARD Wは、クレジットカードを安心して使える補償が充実しています。

JCB紛失・盗難海外サポート

世界主要都市に設置されたJCBプラザのJCB紛失盗難受付デスクを日本語で利用できます。

・JCBカードの紛失・盗難などのトラブル
・海外専用緊急再発行カード手配

JCB紛失盗難受付デスクへは、通話料無料で連絡できます(一部地域を除く)

JCBプラザコールセンター

万が一の事故や緊急トラブル時に、日本語及び英語で電話サポートしてくれます。

・JCBカードの紛失・盗難などのトラブル
・ケガや病気の際の病院案内
・パスポートの紛失・盗難
・海外での不慮の事故やトラブル

はじめての海外旅行でも、あわてずに対処できます。

海外利用時:ショッピングガード保険

JCB CARD Wで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高100万円まで補償(海外のみ)。

国内利用時:「支払い名人」定額コース付帯・ショッピングガード保険

「支払い名人」定額コースに登録すると、ショッピングガード保険が国内でも適用されます。

「支払い名人」とは、国内・海外問わず、ショッピング1回払い利用分が、自動的にショッピングリボ払いになるお支払い方法です。

ICチップ搭載

カードの表面に、ICチップ搭載されています。

そのため、偽造が困難で、不正利用防止に役立ちます。

J/Secureワンタイムパスワード


J/Secureワンタイムパスワードは、ネットショッピングなど、買い物ごとに専用スマホアプリで発行される、1回限りのパスワードのことです。

毎回、違ったパスワードにすることで、パスワードの漏洩や使い回しなどの被害を防止できます。

「使ったことがないサービスや海外のネットショッピングで、クレジットカードの番号を入力するのが怖い」という場合に有効です。

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、JCBカードは不正検知システムを導入し、24時間365日、不正使用被害をチェックしています。

さらに、「JCBでe安心制度」により、特別なケースを除き、届けた日から60日以内さかのぼり、それ以降の損害額を補償してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

JCB CARD Wのデメリット

申し込めるのは39歳以下の方限定

JCB CARD Wを申し込めるのは、18歳以上(高校生を除く)39歳以下の方限定です。

ポイント還元率がいいカードですが、39歳以上の方は、申し込みができません(39歳までに申し込めば、それ以降も年会費無料でずっと使い続けられます)。


39歳以上の方は、JCB一般カードJCBゴールドカードを検討しましょう。

いつでもポイント2倍ではありませんが、JCB ORIGINAL SERIESパートナー対象店やOki Doki ランドでの還元率アップは、提供されます。

カードのランクアップ招待がこない


JCBカードには、18歳以上29歳以下の方限定のJCB CARD EXTAGEJCB GOLD EXTAGEというカードもあります。

この両カードは、29歳を過ぎると自動的にJCB一般カードJCBゴールドカードへ切り替わります。つまり、特典の多いワンランク上のカードを持てます。

特に、JCBゴールドカードに関しては、保有し、一定の条件を満たすことで、JCBゴールド ザ・プレミア、JCBザ・クラスというJCBカードの最高峰に位置するカードの招待が届きます。いずれいいカードを持ちたいという方は、JCB CARD Wよりも他のカードをおすすめします。

しかし、JCB CARD WはJCBオリジナルシリーズの中で、最もポイント高還元率のカードです。

普段の買い物やネットショッピングで、とにかくポイントを貯めたいという方は、JCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wの知っておきたいQ&A

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

JCB CARD Wで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。QUICPay加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、Oki Dokiポイントが貯まります(一部対象外)。

QUICPayは利用できるの?


発行手数料・年会費無料で、QUICPayが利用できます。

QUICPayとは、QUICPay加盟店で利用できる電子マネーのことです。

QUICPayの支払いでも、ポイントが貯まります(一部対象外)。

国際ブランドは何を選べばいいの?

JCB CARD Wは、JCBのみです。

VISA、MasterCard、American Expressといった国際ブランドは選べません。

JCBは日本発唯一の国際ブランドとして、国内での使い勝手は抜群です。また、世界中で約3000万のJCB加盟店で使えます。

また、アメリカの大手カード会社である「ディスカバー」と提携したことで、全米の約730万店でもJCBが使えます(一部対象外店舗あり)。

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違いを教えて?


JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違いは以下の2つです。

・カードのデザインの違い
・LINDAリーグ、お守リンダが付帯するかどうかの違い

上記以外は、すべて同じ内容のサービスをうけられます。

両方のカード共に、男性でも女性でも申し込めます。

しかし、JCB CARD W plus Lは、カードの色が女性らしいデザイン(写真右)で、女性向け特典(LINDAリーグ、お守リンダ)が付きます。

女性であれば、JCB CARD W plus Lに申し込んだ方がお得です。男性はどちらでも大丈夫ですが、女性向け特典は使えませんので、特別な理由がなければJCB CARD Wでよいでしょう。

他のJCBカードとの違いを教えて?

他のJCBカードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

JCB CARD Wの申し込みは18歳以上39歳以下(高校生は不可)で本人または配偶者に安定継続収入のある方、または18歳以上39歳以下の学生(一部申し込めない学校あり)の方が対象です。

18歳以上であれば、新社会人や学生の方でも申し込みできます。

ただし、発行には、審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

JCB CARD Wはこんな人におすすめ

・学生や新社会人だけど、ネットショッピングの利用にクレジットカードを年会費無料で作りたい
・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい
・海外旅行に行くからすぐにカードを作りたい。旅行傷害保険や補償、日本語のサポートを充実させたい


18歳以上39歳以下に限定したクレジットカードです。そのため、若い方でも、発行できるチャンスがあります。年会費無料だから、コンビニでもネットショッピングでも、クレジットカード決済が必要な場面で役立ちます。

不正利用時の補償もあるから、安心してクレジットカードを利用できます。


JCB CARD Wはいつでもポイント2倍(還元率1%)。ネットショッピングなら最大20倍(還元率10.5%)。とにかく、ポイントを貯めやすいカードです。貯めたポイントは、他社のポイントやマイルやギフト券に交換できます。


傷害旅行保険や補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。世界主要都市に設置されたJCBプラザやJCBプラザコールセンターを利用できるから、慣れない海外で困ったことがあれば、日本語で相談できます。

JCB CARD Wは、ポイントを貯めたい方に、おすすめのクレジットカードです。JCBの信頼と特典が付帯しているので、学生や新社会人の方が、はじめて使うクレジットカードにも最適です。

公開日:2018年1月23日