クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

ANA アメックスカードのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
American Express
初年度年会費
7,000円
翌年以降年会費
7,000円

ANA アメックスカード(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)のメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:ANA アメックスカードが優れている7つのメリット

特典1:ANAグループでポイント1.5倍!ポイントもマイルも貯まる

ポイント還元率 1%
貯まるポイント ANAアメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、ANA アメックスカードが使えるお店なら、ポイントが100円につき1ポイント(交換なら1マイル)貯まります。

ANAグループならポイント1.5倍

以下のようにANAグループで、カードを利用するとポイントが1.5倍貯まります。

・ANA国内線、国際線の航空券
・ANA国内線、国際線、エアージャパン便の機内販売
・ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアース
・オンラインショップ「A-style」

ANAのサービスをよく利用するなら、ポイントが貯まりやすいです。

ANAカードマイルプラス提携店ならポイントとマイルが貯まる


ANAカードマイルプラス加盟店なら、ポイントとマイルがダブルで貯まります。

ポイント(100円=1ポイント) + ANAマイル(100円=1マイル)=最大100円で2マイル
※200円で1マイルの加盟店もあります。

加盟店は、日常でよく利用するお店やサービスがたくさんあります。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、大丸・松坂屋、高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店、ヤマダ電機LABI、出光、エネオスなど※加盟店は変更になる可能性がございます。

ANAグルメマイル


ANAグルメマイル参加店なら、ポイントとマイルがダブルで貯まります。

ポイント(100円=1ポイント) + ANAマイル(100円=2マイル)=最大100円で3マイル
※100円で1マイルの参加店もあります。

Edyマイルプラス

Edyマイルプラス対象店舗なら、カード付帯の楽天Edyでの支払いで、マイルが貯まります。

200円=2マイル(通常200円=1マイル)

特典2:ANAグループ便のフライトで10%のマイルがもらえる

ANA
ANAグループ便に搭乗すると、区間毎の割り増し10%をボーナスマイルとしてもらえます。

マイルを一気に貯めやすくなります。

特典3:マイルへの交換も可能!ポイントの使い方が多彩


貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。

・ANAマイルに交換
・宿泊予約、旅行ツアーなどでの支払い
・カードご利用後の支払い代金に充当
・ヨドバシカメラ、高島屋などでの支払い
・家電や食品、日用雑貨などのアイテム

ポイントの使い道が、豊富に用意されています。

ポイントをマイルに交換できる

ANAマイル
ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

ANA:1,000ポイント→1,000マイル

他のクレジットカード(楽天カードなど)では、2ポイントを1マイルに交換できる(還元率0.5%)サービスが多いです。

しかし、ANA アメックスカードは、1ポイントを1マイルに交換できる(還元率1%)ので、マイルを貯めやすいカードといえます。

なお、ポイントをマイルに移行するには、ポイント移行コース(参加費6,000円/年間・自動更新)への登録が必要です。

年会費はかかるものの「年間移行ポイント無制限」「登録期間中はポイントの有効期限が無期限」となり、ポイントを継続して貯めやすくなります。

もしも、年会費を払いたくない場合は、ANA アメックス ゴールドカードを検討してみましょう。

カードご利用後の支払い代金に充当

旅行に行かなくとも、カードの支払い代金に充当できるので、無駄がありません。ただし、交換レートが異なるので注意しましょう。

航空会社で利用 1ポイント = 1円
ホテル・旅行代理店などの加盟店で利用 1ポイント = 0.8円
旅行関連以外で利用 1ポイント = 0.3円

航空会社での利用に、ポイントを充当するのが最もお得です。

特典4:毎年1,000マイルがもらえる

ANA
ANA アメックスカードの入会、継続で毎年1,000マイルがもらえます。

通常100円につき1マイル貯まるので、1,000マイルは10万円分支払って獲得するマイルの価値があります。

特典5:空港ラウンジ無料!空港でうけられる多彩なサービス

ANAアメックスカードは、空港で以下のような多彩なサービスがうけられます。

空港ラウンジ無料

飛行機の搭乗券
国内外の空港ラウンジが、無料で利用できます(同伴者1名含む)。※海外はハワイ(ダニエル・K・イノウエ国際空港)、韓国(仁川空港)

利用方法は、搭乗券とANAアメックスカードを受付で提示するだけです。

POWER LOUNGE NORTH
上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるPOWER LOUNGE NORTHです。座席数140席もあり、広々としたきれいなラウンジです。

ソフトドリンク
ソフトドリンクは、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、青汁、トマトジュースなどがフリードリンクで飲み放題です。出発保安検査場通過後のエリアにあるので、出発までの間、ゆっくりと過ごせます。

電源コンセント
電源コンセントもあるので、スマホを充電したり、パソコンで仕事をしたりすることもできます。

雑誌や新聞
雑誌や新聞もあり、暇な時間も有意義に過ごせます。

エアポートラウンジ(北)
空港ラウンジは、ラウンジによって特色があります。上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるエアポートラウンジ(北)です。出発保安検査場通過前のエリアにあるので、空港に早く着きすぎた場合でも休憩できます。

パソコン
パソコンができるスペースもあります。

本来は有料の空港ラウンジを無料で使えるので、ANAアメックスカードの特典は素晴らしいです。

なお、空港ラウンジは、プライオリティ・パスの空港VIPラウンジとは異なります。地方の空港など、空港VIPラウンジがない空港でもラウンジを利用できます。

空港クロークサービス


空港内手荷物預かり所にて、お荷物を無料預かり。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してくれます(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

ANA FESTAで10%OFF

全国の空港内にあるANA FESTAで、1,000円以上の買い物が、10%OFFになります。

ANA国内線・国際線の機内販売が10%OFF

ANA国内線、ANA・エアージャパン国際線での機内販売品が、10%OFFで購入できます。

A-stylで5%OFF

ANAのオンラインショッピング A-styleで、5%OFFで購入できます。

旅行サイトの優待割引

宿泊・ツアー予約サイト「エクスペディア」「一休.com」「日本旅行」「アップルワールド.com」を優待料金で利用できます。

その他サービス


その他にも、空港周辺での駐車場料金の割引や空港までのタクシーの割引、対象飲食店で利用できるクーポンなどがもらえます。

・空港パーキング
・SKiPサービス(国内線で事前にスキップ予約をすれば搭乗手続きが不要)
・レンタカーの国内利用の割引
・カーシェアリングサービス タイムズ カー プラスの発行手数料が無料

特典6:国内・海外旅行保険付き

海外旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)

国内・海外旅行傷害保険とは、国内または海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯:保有しているだけで適用される保険
利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険

海外の医療費は高額です。旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。

特典7:補償が充実。不正利用や盗難でも日本語で対応


ANA アメックスカードなら、海外でのトラブルでも24時間通話料無料で、日本語で対応してくれます。

また、万が一のトラブルでも以下のような補償が充実していて、安心してクレジットカードを利用できます。

オンライン・プロテクション

インターネット上での不正使用による損害を全額補償。

ネット通販での買い物も安心です。

ショッピング・プロテクション

ANA アメックスカードで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高200万円まで補償。

※補償額は、条件により異なる

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、ANA アメックスカードには不正プロテクションが付帯しています。

不正使用を探知するシステムを導入し、カードを正常に利用できるようチェックしています。

万が一、不正使用があった場合でも、特別なケースを除き、損害額を補償してくれます。

また、カードを紛失、盗難された場合は、無料で新しいカードを再発行してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

ANA アメックスカードのデメリット

ANAでのフライトやマイルを利用しないならメリットが少ない

ANA アメックスカードの最大のメリットは、ANAマイルを貯めやすいことです。

そのため、ANA便にあまり乗らない方には、メリットが少ないカードです。

しかし、空港ラウンジ無料、手荷物無料宅配サービス、そしてアメックスならでは手厚い補償や旅行傷害保険が付帯するので、その辺りでメリットを感じられるかどうが発行する決め手になります。

年会費は7,000円かかりますが、一日当たりで考えると約19円です。それで、アメックスブランドの安心を買えるなら、むしろ安いといえます。

ANA アメックスカードの知っておきたいQ&A

年会費はかかるの?

ANA アメックスカードの年会費は、7,000円です。更新を続ける限り、毎年7,000円がかかります。

ANAマイルを貯めやすいカードとして、出張や海外旅行でANA便を利用する方は、メリットがあります。

年会費別にアメックスカードを比較したい方は、以下ページもご覧ください。

家族カードはあるの?年会費は?

はい。初年度年会費無料、2年目以降は年会費2,500円(税抜き)で、家族カードを発行できます。

家族カードも同様に、ANAグループで、カードを利用するとポイントが1.5倍貯まります。

家族カード会員が貯めたマイルを本会員のマイルと合算できるので、効率よくポイントを貯められます。

ETCカードは発行できる?年会費は?

ETCカードの発行には、新規発行手数料が850円(税抜き)かかります。

しかし、年会費は無料です。

また、ETCマイレージサービスに登録すれば、ポイントを貯めることもできます。

貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

ANA アメックスカードで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。QUICPay加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、ポイントが貯まります。ただし、モバイルSuicaへのチャージでは、ポイントが貯まりません。

他のアメックスのカードとの違いを教えて?

アメックスカードには、ANA アメックスカード以外にも種類があります。

他のアメックスカードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。

国際ブランドは何を選べばいいの?

ANA アメックスカードは、American Expressのみです。

VISA、JCB、MasterCardといった国際ブランドは選べません。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

ANA アメックスカードの申し込みは20歳以上、定職がある方が対象です。主婦、学生、パート、アルバイトの方は、申し込みできません。

なお、発行には審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

ANA アメックスカードはこんな人におすすめ

・ANAマイルを貯めて世界中に安く旅行したい
・効率よくポイントを貯めてファーストクラスに乗りたい
・旅行によく行くので旅行傷害保険や補償、空港でのサービスを充実させたい


毎年1,000マイルプレゼント、ANAグループ便のフライトで10%のボーナスマイル。ANAマイルを効率よく貯められるから、ファーストクラスでの旅行も夢ではありません。


普段の買い物で100円につき1ポイント、ANAグループでポイント1.5倍。ポイントが貯まりやすいから、マイルに交換すれば世界中に安く旅行できます。

飛行機の待ち時間を快適に過ごせる、空港ラウンジも無料で使えます。


傷害旅行保険や補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。

ANA アメックスカードは、ANAマイルを貯めたい方に、おすすめのクレジットカードです。

公開日:2018年1月30日