クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

ライフカードのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
初年度年会費
無料
翌年以降年会費
無料

ライフカードのメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:ライフカードが優れている7つのメリット

特典1:年会費永年無料!家族カードもETCカードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料

ライフカードは、年会費・発行手数料が無料です。

カードを使わなくても、年会費がかかることはありません。

メインのカードでなくとも、特定のサービスで(後ほど紹介)ポイントを貯めるためのカードと利用してもいいでしょう。

家族カードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料

家族カードの発行手数料・年会費は、無料です。

配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典を最大限にいかせます。

家族カードで貯めたポイントは、本会員に合算されるので、効率よくポイントを貯められます。

ETCカードも無料

初年度年会費 無料
翌年以降年会費 無料

ETCカードは、年会費無料です。

ただし、ETCカードの利用では、ポイントは貯まりません。

特典2:初年度ポイント1.5倍!ポイントが貯まりやすい

ポイント還元率 0.5%~
貯まるポイント サンクスポイント

普段の買い物でポイント還元率0.5%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、ライフカードが使えるお店なら、ポイントが1,000円につき1ポイント貯まります。

初年度ポイント1.5倍

初年度はカードの利用で、ポイント1.5倍貯まります(還元率0.75%)。

0.5%還元が多いクレジットカードの中では、やや高いポイント還元率になっています。さらに、ライフカードには、ポイントが貯まりやすいプログラムがあるので、次項で紹介します。

特典3:誕生日月3倍!ネットショッピング最大25倍!ポイントがどんどん貯まる

L-Mallで最大25倍

L-Mallとは、ライフカード利用者が使えるポイントサイトです。

以下のような対象店舗でお買い物をするときは、L-Mallを経由しましょう。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、ロハコ、DHC、ドクターシーラボ、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、じゃらん、エクスペディア、一休.com、Booking.com、ビックカメラ、ジョーシン、ケーズデンキ、Apple、マウスコンピューターなど
※内容は変更になる可能性がございます。

経由するだけで、最大25倍にもポイント(還元率12.5%)がアップします。

誕生日月3倍

誕生日月にライフカードを利用するとポイントが3倍貯まります(還元率1.5%)。

それでも、ポイント還元率が高くて人気のリクルートカード(1.2%)や楽天カード(1%)よりも高い水準になっています。

ステージ制プログラム


ライフカードは、年間の利用金額に応じて、次年度のポイント倍率がアップします。

ステージ 利用金額 ポイントアップ率
レギュラー 通常 1倍(0.5%還元)
スペシャル 50万円以上 1.5倍(0.75%還元)
ロイヤル 100万円以上 1.8倍(0.9%還元)
プレミアム 200万円以上 2倍(1%還元)

毎月の公共料金、携帯電話代、ショッピング、旅行費用、家電購入などを合わせれば、スぺシャル、ロイヤルであれば、達成するのはそれほど難しくない金額です。

スペシャルボーナス

1年間の利用金額が50万円以上なら、スペシャルボーナスとして、300ポイントがもらえます。300ポイントは、通常利用で30万円分(1,000円 = 1ポイント)利用してもらえるポイントの価値があります。

特典4:商品券や電子マネーへの交換も可能!ポイントの使い方が多彩

貯まったポイントは、商品券や電子マネー、家電、食品などに交換できます。交換する商品によりますが、1ポイントあたり最大で10円相当の価値があります。

・家電、食品、キッチン用品、日用雑貨などの商品
・Vプリカギフト(電子マネー)
・Amazonギフト券、JCBギフトカード、図書カード、QUOカード、JTB旅行券、全国共通すし券
・dポイント、楽天ポイント、WALLET ポイント、Gポイント
※内容は変更になる可能性がございます。

電子マネー、ギフト券、他社ポイントに交換できるので、使い勝手は抜群にいいです。

Vプリカギフトは、インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように利用できる電子マネーです。VISA加盟店は、世界で最も多く、ネットショッピングで使いやすいです。

主な商品の交換レートは以下です。

Vプリカギフト:600サンクスポイント → 3,000円分
Amazonギフト券:1,000サンクスポイント → 5,000円分
楽天ポイント:300サンクスポイント → 1,500楽天ポイント
※交換レートは変更になる可能性がございます。

どの商品も、通常のカード利用(1,000円 = 1ポイント)で計算すると、0.5%の還元率が目安になります。初年度(1.5倍)、誕生日月(3倍)、ステージ制プログラム(最大2倍)で、効率よくポイントを貯められれば、還元率を0.5%~1%以上にすることも可能です。

特典5:ANAマイルへの交換も可能!

ANA
ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

ANA:300ポイント→750マイル

1ポイント = 2.5マイルに交換可能です(300ポイント以上100ポイント単位)。

ANA
マイルを効率よく貯めるクレジットカードは他にもあります。しかし、ライフカードは、初年度(1.5倍)、誕生日月(3倍)、ステージ制プログラム(最大2倍)で、ポイントを貯めやすいメリットがあります。使い方によっては有効な手段です。


また、ポイントをGポイントに交換して、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)経由で、ANAマイルに交換する方法もあります。

(1)300サンクスポイント → 1,200Gポイント
(2)1,200Gポイント → 1,200メトロポイント
(3)1,200メトロポイント → 1,080ANAマイル

300サンクスポイントをANAマイルにそのまま交換すると750マイルもらえます。しかし、Gポイント、メトロポイントへと交換することで、もらえるANAマイルをアップさせることができます。

特典6:提携施設でお得な優待がうけられる!


ライフカードを全国の提携店で利用すると、割引などの特典をうけられます。

旅行予約 旅行サービス<リロの旅デスク>で国内・海外ツアーが最大8%割引
トラベルグッズ スーツケースや旅行グッズのレンタルが割引
国内レンタカー 国内レンタカーが割引
海外おみやげ宅配 海外おみやげ宅配サービスが割引
ライフカード優待サービス 全国のホテル、レジャー施設

内容は変更になることがございます。提携店や特典は、ライフカード優待サービスで確認できます。

特典7:不正利用や盗難でもあんしん


ライフカードは、クレジットカードを安心して使える補償が充実しています。

海外アシスタンスサービス

世界主要都市20ヶ所に設置された会員専用の窓口を日本語で利用できます。

・パスポートやカードの盗難・紛失
・警察・保険会社への連絡方法の案内
・ホテルやレストランの予約
・交通機関やレストラン、ショッピング、イベントの案内

慣れない海外でのトラブルでも安心です。

不正利用について

紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。

しかし、ライフカードは24時間年中無休で紛失・盗難の電話連絡を受け付けています。

さらに、会員保障制度により、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用分を補償してくれます。

安心してクレジットカードを利用できます。

ライフカードのデメリット

旅行保険が付帯しない

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

残念ながら年会費無料のライフカードには、旅行保険は付帯していません。

しかし、旅行傷害保険付きのライフカードもあります(海外旅行傷害保険:最高2,000万円、国内旅行傷害保険:最高1,000万円)。その場合は、初年度年会費無料、次年度以降1,250円の年会費がかかります。

他のカードで旅行保険を付帯させたい方は、以下ページをご覧ください。年会費無料で海外旅行保険が付帯します。ライフカードとの2枚持ちでもいいかと思います。

普段の買い物のポイント還元率が低め

ライフカードは、普段の買い物で貯まるポイント還元率が0.5%と少なめです。

普段のポイント還元率だけであれば、リクルートカード(1.2%)や楽天カード(1%)の方がいいです。

しかし、初年度(1.5倍)、誕生日月(3倍)、ステージ制プログラム(最大2倍)、L-Mall(最大25倍)でポイント還元率0.75%~12.5%と跳ね上がります。有名店が参加しているので、ネットショッピングでは、1%以上の還元率は確保できます。

年会費は無料ですし、誕生日月やネットショッピングで、ポイントを貯めるためのカードとして利用する方なら持っていて損はないカードです。2枚目、3枚目のクレジットカードとして保有するのもいいでしょう。

ライフカードの知っておきたいQ&A

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 iD加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

ライフカードで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。iD加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、ポイントが貯まります(一部対象外)。

iDは利用できるの?


発行手数料・年会費無料で、iDが利用できます。

iDとは、iD加盟店で利用できる電子マネーのことです。

iDの支払いでも、サンクスポイントが貯まります(一部対象外)。

国際ブランドは何を選べばいいの?

ライフカードは、VISA、MasterCard、JCBを選べます。

何にするか迷ったら、世界で最も使えるお店が多いVISAを選んでおくといいでしょう。

その方が、サンクスポイントを貯められるお店が増えます。もしも、すでにVISAを持っている方なら、MasterCard、JCBを選ぶと世界的に使えるお店が増えます。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

ライフカードの申し込みは、日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方が対象です。

18歳以上の大学生・短期大学生・専門学校生は、学生専用ライフカードに申し込めます。

ただし、発行には、審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

ライフカードはこんな人におすすめ

・ポイントが貯まりやすいカードを持ちたい
・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい
・年会費無料のカードがいい。家族カードやETCカードを無料で発行したい


ライフカードは、普段の買い物での還元率は0.5%。この還元率は普通です。しかし、初年度(1.5倍)、誕生日月(3倍)、ステージ制プログラム(最大2倍)、L-Mall(最大25倍)とポイントをアップさせる方法がたくさんあります。使い方によっては、大きくポイントを貯められます。


貯まったポイントは、Amazonギフト券やVプリカギフト、ANAマイルなど多彩な商品への交換が可能です。ギフト券で好きなものを購入したり、ANAマイルで旅行に行ったり、いろんな楽しみ方ができます。


年会費は無料です。家族カードもETCカードも無料です。

ライフカードは、ポイントを貯めたい方、年会費無料でカードを持ちたい方にとってお得なカードです。

公開日:2018年3月28日