クレジットカード比較サービス

あなたにとってベストな1枚が見つかる!クレジットカード選びで失敗しないおすすめのクレジットカードを紹介しているサイトです。

  • 決済だけじゃない!クレカで優雅な感動体験 最強アメックスカード比較
  • 高い年会費には価値がある!1枚は持ちたい 極上のゴールドカード比較

JTB旅カード VISA・MASTERのメリットとデメリット

選べる国際ブランド
VISA、MasterCard
初年度年会費
1,600円
翌年以降年会費
1,600円

JTB旅カード VISA・MASTERのメリット、デメリット、知っておきたいQ&Aなど、クレジットカードマニアの私がどこよりも詳しく徹底的に紹介します。

完全解説:JTB旅カード VISA・MASTERが優れている7つのメリット

特典1:選べる2つの国際ブランド!VISA・MASTER


国際ブランドは、VISA、もしくはMasterCardから選べます。

どちらにするか迷ったら、世界で最も使えるお店が多いVISAを選んでおくといいでしょう。その方が、ポイントを貯められるお店が増えます。

とはいえ、MasterCardも、使えるお店はVISAに次いで多いです。他のクレジットカードで、VISAを1枚持っているなら、MasterCardもありです。コストコのように、MasterCardしか使えないお店もあります。


JCBがいい場合は、JTB旅カード JMBというカードもあります。

年会費はやや高くなりますが、ロードアシスタンスやホームアシスタンスが付きメリットも大きいカードです。

特典2:還元率1%~2%!ポイントがどんどんたまる

ポイント還元率 1%
貯まるポイント JTBトラベルポイント

普段の買い物でポイント還元率1%

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネット通販、公共料金の支払い、携帯電話代など、JTB旅カード VISA・MASTERが使えるお店なら、ポイントが100円につき1ポイント貯まります。

JTBグループで還元率1.5%

JTBグループ販売店やJTBホームページで利用すると、ポイントが0.5%加算されます。つまり還元率は1.5%(1% + 0.5%)になります。

JTBの販売店:10,000円ごとに50ポイント加算
JTBホームページ:100円につき1~5ポイント加算

旅行ツアーや宿泊代金は、数万円~数十万円の支払いになることもあるので、ポイントが一気に貯められます。

例えば、10万円の支払いなら、1,500ポイントも貯まります。

JTBホームページの国内宿泊事前決済で還元率2%


JTBホームページから、国内宿泊予約を事前決済した場合は、1%のポイントが上乗せされ、還元率は2%(1% + 1%)になります。

例えば、10万円の支払いなら、2,000ポイントも貯まります。

特典3:JALマイルにも交換できる!ポイントの使い道が多彩

JTBで使う

貯まったポイントは、JTBホームページやJTBグループのお店で、旅行代金や旅行用品の支払いに使えます。1ポイント 1円相当の価値があります。

JTBホームページ:100ポイント単位
JTBグループのお店:1,000ポイント単位

高額な旅行代金も、ポイントを使うことで安くなるメリットがあります。旅行が好きな方には、お得なカードです。

JALマイルへの交換も可能!


ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。

JAL:5,000ポイント→2,500マイル

JALマイルに交換できます。5,000ポイントは、50万円の支払い(還元率1%)で貯められるポイントです。

マイルを効率よく貯めるクレジットカードは他にもあります。しかし、JTB旅カード VISA・MASTERは、JTBの利用で還元率が1.5%~2%にもなり、ポイントを貯めやすいメリットがあります。使い方によっては有効な手段です。

なお、JALマイルをJTBトラベルポイントに交換することもできます。

10,000マイル→10,000ポイント

JALマイルとJTBトラベルポイントを相互交換できるので、貯めたポイントを使いたい方で使えます。

エムアイポイントへの交換

エムアイポイントは、三越伊勢丹グループ百貨店で貯まる・使えるポイントのことです。JTBトラベルポイントをエムアイポイントに交換できます。

1,000ポイント→1,000ポイント

等価交換できるので、JTBやJALマイルを使う予定のない方は、エムアイポイントに交換しましょう、三越や伊勢丹でのショッピングに使うことができます。

特典4:旅に役立つインフォメーションサービス

海外旅行出発前のインフォメーションサービス

海外旅行に役立つ情報や予約・手配等のサポートを日本語でサポートしてくれます。

旅行予定の都市の交通機関・空港情報、レストラン・ホテルの予約、レンタカー予約、リムジン送迎手配、イベントチケットの手配

慣れない海外でも、情報提供・予約を行ってくれることで、存分に楽しむことができます。

Jiデスク


海外旅行中は、海外55都市に設置されている「Jiデスク(JTB旅カードデスク)」を利用できます。

各種情報や予約手配だけでなく、病気やケガの際の病院案内、盗難、事故、パスポート紛失といったトラブルも相談できます。

日本語で相談できるので「どうしていいかわからない」緊急時でも、頼りにできます。

Jiデスクが営業時間外であっても、24時間年中無休で電話サポートをしてくれます。

特典5:全国10,000カ所で優待サービスがうけられる


えらべる倶楽部ライフは、国内約10,000カ所の提携施設で優待特典が受けられるサービスです。

レジャー施設、遊園地、美術館、飲食店、ホテル、スパ、ゴルフなど

JTB旅カード VISA・MASTERを提示することで、割引をうけられます。


さらに、特典を充実させたいなら、JTB旅カード VISA・MASTER スーパーロードというカードもあります。

年会費はやや高くなりますが、日本国内でのドライブ中のトラブルに、24時間365日無料で対応してくれる「CFスーパーロードサービス」が無料で付帯します。

このカードも国際ブランドをVISA、もしくはMasterCardから選べます。

特典6:海外・国内旅行保険が付帯

海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯)

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯:保有しているだけで適用される保険
利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険


JTB旅カード VISA・MASTERは、年会費が格安でも、海外旅行保険が自動付帯するカードです。

海外の医療費は高額です。旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。

特典7:補償が充実!不正利用や盗難でもあんしん


JTB旅カード VISA・MASTERは、クレジットカードを安心して使える補償が充実しています。

Jiデスク

海外旅行中は、海外55都市に設置されている「Jiデスク(JTB旅カードデスク)」を利用できます。

各種情報や予約手配だけでなく、病気やケガの際の病院案内、盗難、事故、パスポート紛失といったトラブルも相談できます。

ショッピングガード保険

JTB旅カード VISA・MASTERを利用して、海外・国内で購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高150万円まで補償してくれます。

JTB旅カード VISA・MASTERのデメリット

JTB以外でのポイントの使い道が少ない

JTB旅カード VISA・MASTERを利用して、貯まるポイントは、JTBトラベルポイントです。JTBでの旅行ツアーや宿泊予約には威力を発揮するポイントです。

また、JALマイルへの交換やエムアイポイントへの交換によって、飛行機や百貨店での買い物に利用するにもお得です。

とはいえ、楽天ポイントやTポイントのように、使えるお店が少ないので、汎用性には欠けます。

しかし、JTB旅カード VISA・MASTERはポイント還元率がいいです。

普段の買い物でも100円につき1ポイント貯まり還元率は1%になります。一般的なクレジットカードは、200円につき1ポイントのように還元率0.5%が多いです。出張や旅行で、年に数回JTBを利用した際には、1.5%~2%のポイントも貯まります。

JTB旅カード VISA・MASTERは、ポイントを貯めやすいカードではあります。

年会費は1,600円。一日当たりで考えると約5円です。海外旅行保険やショッピングガード保険の特典もつくので日常の安心を買う意味でもお得です。

JTB旅カード VISA・MASTERの知っておきたいQ&A

家族カードはあるの?年会費は?

はい。年会費500円で、家族カードを発行できます。

配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典をいかせます。

ETCカードは発行できる?年会費は?

新規発行手数料1,000円、年会費無料で発行できます。

Apple Payは利用できるの?

使用できる店舗 iD加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能

JTB旅カード VISA・MASTERで、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。iD加盟店で利用できます。

Apple Payの支払いでも、ポイントが貯まります(一部対象外)。

電子マネーは利用できるの?


発行手数料・年会費無料で、iD、QUICPayが利用できます。

iDとは、iD加盟店で利用できる電子マネー、QUICPayとは、QUICPay加盟店で利用できる電子マネーのことです。

クレジットカードが使えないお店でも、電子マネーで支払うことができます。

審査や年齢制限は?誰でも発行できるの?

JTB旅カード VISA・MASTERの申し込みは、18歳以上(高校生は不可)の方が対象です。

ただし、発行には、審査があります。申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。

JTB旅カード VISA・MASTERはこんな人におすすめ

・JTBをよく利用する
・ポイントやJALマイルを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい
・旅行傷害保険や補償、日本語のサポートを充実させたい


JTB旅カード VISA・MASTERは、普段の買い物でもJTBトラベルポイントが100円につき1ポイントたまります。また、JTBのお店やホームページなら1.5%~2%の還元率になり、出張や旅行でよくJTBを利用する方は、一気にポイントが貯まります。

国際ブランドは、世界的に加盟店の多い、VISAもしくはMasterCardから選べます。


貯まったポイントは、JTBでの旅行ツアーや宿泊予約に使えます。JALマイルにも交換できるので、お得に旅行を楽しめます。旅行に使う機会がなくても、三越伊勢丹グーループ百貨店で使えるエムアイポイントに交換できます。


自動付帯の海外旅行保険、ショッピングガード保険といった補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。海外旅行中は、海外55都市に設置されている「Jiデスク」で病気やケガ、事故などの相談を日本語でできます。

JTB旅カード VISA・MASTERは、旅行好きに役立つ特典が豊富なクレジットカードです。

公開日:2018年4月25日